« 石原新党の方がわかりやすい | トップページ | 河村市長を見習え »

たちあがれ日本が大連立の布石であってはならない

Sibui21

考え方には私も平沼氏と同じではあるが、他の四人の皆さんが平沼氏と同じであることを願う。どうも中曽根元総理や読売の渡辺氏の影がチラつくが、お二人が以前の大連立の仕掛け人であるところが気になる。物事を決めるには大連立は便利であろうが、それでは政党政治の意味がなくなる。国民は大連立をしてもらいたくて投票しているのではなくして、それぞれの政党議員に政策を託しているわけで、当選したからと言って勝手に離合集散されたのでは何だとの話にもなる。それと普段からの主義主張が平沼氏と同じならば、なるほど、それでも良いかとも思うが、どうも見ている限りでは平沼氏と同じとも思えない。とにかく五人集まればいいかでは困るのである。最近は何かと言うと坂本龍馬が引き合いに出されるが、龍馬が薩長同盟や大政奉還をさせたのではなく、裏でフリーメーソンのグラバーが龍馬をメッセンジャーボーイとして使っただけなのである。ですから明治維新もフランス革命やロシア革命と同じようにフリーメーソンの手によって行われたものなのである。西郷先生がそれに気づき第二維新の西南の役を起こしますが、日本の民族派は、ここでも敗れてしまうのです。そして先の大戦で、真正愛国陣営は完膚なきまでに叩きのめされてしまうのです。今の自民党も愛国を名乗ってはいますが、フリーメーソンの手先としての愛国であり、その延長線上に大連立があることを見落としてはなりません。憲法改正論議も本当に国民のためならば結構なのですが、朝鮮戦争が起こって、困っての自衛隊創設の論議と同じであってはならないのです。つまり憲法改正が日本の独立ならわかりますが、自衛隊をワンワールドの世界を作るために戦争に参加させるための憲法改正であってはならないのです。小沢幹事長と与謝野氏が手を組むとは、そんな目論みがあるような気がします。若手が参集しないのも七月の参議院選挙を見てからの損得勘定ばかりでなく、大連立の裏側が透けて見えているからではないでしょうか。平沼氏も、その点を考慮して、話が複雑になれば、平沼新党一本で行けば、本当の愛国者が諸手を挙げて結集すると思います。

|

« 石原新党の方がわかりやすい | トップページ | 河村市長を見習え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/34222768

この記事へのトラックバック一覧です: たちあがれ日本が大連立の布石であってはならない:

« 石原新党の方がわかりやすい | トップページ | 河村市長を見習え »