« 検察審査会が起訴を決めるなら検察官はいらない | トップページ | 普天間の問題は日本国民全体の問題である »

上海見聞

Img_new_0001

4/23~4/27まで上海に行って来ました。2000万人都市上海は活気がありますね。毎晩の高級中華料理で体重が又増えた感じが致します。移動はすべてタクシーを利用しましたが、初乗りが日本円で180円位で、これでは日本人は誰が行っても皆金持ちです。足裏マッサージも1時間半で日本円で千円なのですから驚きです。しかも飲み物、焼きそば、果物なども食べ放題ですから日本では、この金額では考えられません。しかし一万円が十五万円に化けるのですから当然かも知れません。と言うことは二万円あれば一か月は暮らせると言うことです。日本で三十万円の人が450万円の月給取りになるのですから、これでは日本は太刀打ちできません。おそらくは中国が世界を制する時代が間もなく来ると思われます。日本と違い中国は根性がありますから。間もなく上海万博が始まりますが、7000万人来ると言われています。しかし残念なのは、タクシーに乗っても英語の単語は話しますが、日本語はどこに行っても聞かれませんし、表示もありません。私としては日中友好のためには、もう少し配慮して頂ければと思います。日本と中国が手を握る時、世界は間違いなく大きく動くはずです。

|

« 検察審査会が起訴を決めるなら検察官はいらない | トップページ | 普天間の問題は日本国民全体の問題である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/34426973

この記事へのトラックバック一覧です: 上海見聞:

« 検察審査会が起訴を決めるなら検察官はいらない | トップページ | 普天間の問題は日本国民全体の問題である »