« 若林議員の話しは何だか変だな | トップページ | 与謝野総理誕生 »

与謝野新党の裏側

Dscn0037

与謝野新党の応援団が石原都知事と聞いて、これは以前の大連立を思い出した。ポスト福田後、与謝野氏を担いだのが中曽根元総理と読売の渡辺社長。当時の小沢代表も一度は福田自民党との大連立に傾いた経緯がある。小沢代表が何かで揺さぶられたとの噂もあったが、民主党が一部でも同調しない限り、自民党内から新党が次々と生まれてみたところでどうなるものでもない。石原都知事がテレビで小沢氏は改憲論者であり消費税導入も当然と考えている人だと述べられていたが、まるで与謝野氏と組むのは小沢氏だと言っておられるようである。確かに与謝野氏と小沢氏は仲が良い。与謝野氏が鳩山総理を脱税王と批判しても小沢氏の資金団体の批判はされない。小沢氏としても民主党は寄せ集め集団であり小沢批判をする勢力も存在する。面倒なことばかり言うのであれば、与謝野氏を担いで新政権を作った方が良いとも考えているのかも知れない。そう言えば、昨日は石原都知事の小沢批判が聞かれなかったのも興味深い。坂本龍馬は、フリーメーソンであったグラバーの操り人形であったわけであるが、世界のフリーメーソンの親方が、今度は鳩山総理に代わって、与謝野氏と小沢氏の二人を表舞台の操り人形として使おうと指示を出したのかも知れない。それが、長年のCIAルートで石原応援団の発言となったのではなかろうか。動揺しているのは自民党ばかりでなく民主党も同じなはずである。心配なのは平沼新党である。真正保守の平沼新党が、フリーメーソンの臭いのする与謝野新党に吸収されては、日本国が危うい。出来ることなら平沼新党は与謝野新党とは合流するべきではない。政権奪取が政治家達の目的であることはよくわかるが、それは国民のために行わなければならないことである。しかし、見ている限りでは、国民の名を利用しての権力闘争に明け暮れているばかりである。こんなことでは九段の桜も泣く。だが現実は、小沢氏が与謝野氏を担いだ瞬間に与謝野総理が誕生する。

|

« 若林議員の話しは何だか変だな | トップページ | 与謝野総理誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/34087779

この記事へのトラックバック一覧です: 与謝野新党の裏側:

» 野菜ソムリエって? [野菜ソムリエって?]
ベジタブル [続きを読む]

受信: 2010年4月 5日 (月) 13時57分

« 若林議員の話しは何だか変だな | トップページ | 与謝野総理誕生 »