« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

被曝遺体が1000体ですか

放射能の恐ろしさは誰もが知っている。にもかかわらず原子力の有効活用と商売としての魅力に人類は原子力発電所の建設に精魂を傾けて来た。人々は原発の安全性を信じ日本の各地でも原発建設に協力して来たのである。その安全性の神話が原発の新旧は別として脆くも崩れたのである。災害は想定外のものであったでは済まされない現実が起きたのである。いかに安全であろうと100%安全なものは存在せず、形あるものは必ず壊れるものなのである。それが弁証法であり諸行無常である。大きな津波と地震であったことは認めるが、大自然の力に対して、それを乗り越えられる原発開発でなければ、もう原発は不要である。暗くてもエアコンが無くとも人は死にはしないが放射能では死んでしまう。地球温暖化の殺し文句で世界の環境利権屋の皆さんが原発増設計画で、一儲けしようと目論んだが、この福島原発の危機で、その目論見は水泡に帰したのではなかろうか。陰で笑っているのは、今まで通りの石油利権屋の皆さんか。世界での戦争の源は、エネルギーの争奪戦から始まる。化石燃料でも何でもない、無限に存在する石油の天下は、まだまだ続くであろう。消滅しない石油の滓も環境の敵ではあるが、石油の滓では人間は簡単には死なない。夕刊フジには被曝遺体1000体とある。被曝した遺体では触れることもままならない。フランスから大量のロボットでも購入するのか。しかしこんな気休めではどうにもならない。誠に申しにくいことですが、放射能阻止のための特攻隊を編成するしかないと思います。放射能による死を恐れている限り、安全な方法にも限度があり、所詮、放射能は出続けるばかりです。技術者や修復者の中から放射能を浴びて死ぬことを覚悟して修復冷却を実行する人が出てこない限り放射能汚染は広がる。しかし、今の時代、特攻隊も無理となると蟻地獄が永久に続くような気がする。被曝遺体の一体、一体を洗浄車で洗うとなると遺体が遺体として存在しているのかどうか疑問である。放射能とは本当に恐ろしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本全体が、はたして閑古鳥でいいものかどうか

大惨事で日本全体が沈痛にくれているが、フトあたりを見回すと、より一層不景気の閑古鳥が吹き荒れている。何よりも停電の影響が社会そのものをも暗くしている。私は下戸だから酒を飲む必要もないが、伝書鳩のように全ての国民が家路に急ぐ姿も異常である。金がないのも原因であろうが、それにしても居酒屋にも人が居ない。阪神淡路大地震でも今回の様に日本全体が暗くなってはいなかったはずである。それだけ規模やショックが大きかったのであろう。しかし4月だと言うのに季節も懐も確かに寒い。国民全体が、いつまでもこんな精神状態や生活に耐えられるかと言えば、耐えられるはずもない。国民に今必要なのは明るいビック二ュースである。世界が、もし日本国民に喜びを与えてくれると言うのなら、米国は沖縄からの全軍撤退であり、ロシアは北方領土の返還であり、中国は尖閣列島の放棄であり、韓国は竹島からの撤退であり、北朝鮮は拉致被害者の返還である。この中の一つでも解決すれば、日本の元気も即復活する。救助隊の派遣も有難いのですが、失礼ながら、それは気休めみたいなもので根本的な解決とはならない。これらがダメなら産油国の中の一か国でもよいから一年間位、無料で日本に石油を提供してくれても良いのではないかと思う。悪いジョークかも知れないが、二週間で地震が400回も起きると言うなら、この地震や大津波を利用して電力確保が出来ないものかと考えてしまう。転んでもただ起きないのが日本人の優れているところであるが、今回ばかりは、悪い冗談も通じるとは思えない程の惨状である。こんな時こそ、ロシアだけでも結構ですから、日本国民を元気づけるために北方四島は返還しましょうと言って頂きたいものです。スターリンが松岡外相と抱き合って、外相に言ったように、日本とロシアも、同じアジア人なのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欧米人の被災者を、あえて報道が隠す必要もないと思うのだが

既に3万人の死者数である。おそらく膨大な瓦礫の下には多くの人が、まだ居られるはずであり津波に呑まれてしまった人々を入れると10万人の被害者になってしまうかも知れない。世界各国から日本に対する救助、救援部隊が続々と到着しているが、資材だけ置いて帰られてしまうようでは有難くもない。東北沿岸地方と言っても欧米人が全然住んでいないとは思われないので、おそらくは亡くなっておられる人も居るはずである。日本に来て災害で亡くなわれてしまって申し訳ないと思うが、外国との関係を考慮して日本の報道関係者も、あえて発表を控えているのかも知れない。日本人と同じように、すべての財産を失ってしまった人達も居られるでしょうから、十分なる保証をしてあげなければならないと思う。そうしなければ外国の皆様が今後は、誰も住んでくれなくなってしまう。米軍も友達作戦で被災地の支援を自衛隊と一緒になって始めてくれた様ですが、米軍の存在価値を、より一層、日本国民に認めてもらうには絶好のチャンスのはずです。もしかしたら沖縄の基地問題も、これで解決できるかも知れません。しっかりと支援して頂きたいと思います。みんなの党が、さかんに米軍支援を強調されておられるようですが、これで日本国民も、みんなの党の色合いが、よく理解出来たと思います。良し悪しは別として、みんなの党は、どちらかと言うと小泉路線に近いものがあるのでしょう。それは、それで結構なのですが、全ての党の皆さんにお願いしたいことは、政治をするに当たって、少なくとも、どの党も日本人としての土着性だけは、いくらかでも残しておいて頂きたいと思います。これが私のささやかな、お願いです。大切な我が同胞とともに異国の地で亡くなられた外国人の皆様の、ご冥福を、お祈り致します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東北太平洋沿岸は墓場となったか

おそらく死者は10万人近くなると思われる。行方不明者の数が正確に把握されているとは思われず、この時期で千人どころか3万人の死者となると、あっと言う間に膨大な死者数となる。身元不明のまま土葬にすることは忍びがたいが遺体を火葬に出来ない以上、いつまで放置したままにしておくわけにもゆかない。多くの真面目な日本国民の平凡な幸せを奪った大震災、もしこの大震災を意図的に起こした人間がいたとするならば正義の必殺仕事人が許してはおかないであろう。仮に世界が日本に厚い人情を送ってくれるなら経済のマーケットも日本が有利となるような動きをして頂きたい。被災地の地域は農業と漁業を、その主たる糧としているわけですからTPPなどの無理難題は即刻止めて頂きたい。そして何よりもプラザ合意を白紙に戻して円高の解消を図ってもらいたいと思います。紙幣も日銀に利息を付けて返さなくてもよい所得税不要の政府紙幣の発行を、日銀券に変えて一時、認めて頂きたいと思います。家を失った人々に家のローンの返済を求めるのは、水に落ちた犬に石を投げつけるような酷い仕打ちで、とても赤い血が流れている人のすることではありません。これは金儲けの原理で動く、日本銀行券で解決できるものではなく日本国に負担の及ばない政府紙幣で解決するしか方法はないのです。紙とインクで一万円札は一枚25円で出来るのですから、それを100兆円位印刷して、国民に無償で与え地獄の苦しみにある国民を救えばよいのです。それこそ紙幣の発行で円高も止まるはずです。この地震で東北太平洋沿岸は墓場となってしまったのですから、政府紙幣で、しっかりと供養も含めて対応しなければなりません。菅総理も暗殺覚悟で一度位は、男の花道を歩いて頂きたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

石巻市の思い出

学生であった、今から41年前の昭和45年、石巻市の市議会議員の補欠選挙の応援に行かせて頂いたことがあった。候補者は今野水産の社長でいらした今野 実氏である。今野水産は当時で年商8億円の会社で年間の純利益は6億円と社長が話されていたのを思い出す。副社長は水産大学を卒業された婿養子でいらした方で、大変気前の良い人でした。どんなお天気の良い日でも長靴を履いておられネクタイはされずに下着の上に、そのまま上着を着ていらした。しかし上着の内ポケットには分厚い財布が、いつも入っており社員の方の話では副社長は東京の銀座でも長靴のまま飲みに行かれるとのことだった。その副社長に東京での選挙の応援の一日の相場はいくらですかと聞かれたので、去年の衆議院選挙では一日三千円を頂きましたと話したところ、それでは一日四千円お支払させて頂きますとのことでアルバイトの値段を決めて頂いた。期間は10日間であったので、四万円貰えると思い嬉しくなってしまった。男二人、女一人の三人の学生で行ったわけであるが、最後ホテルの宿泊料が二十万円位になってしまって私自身も困ってしまった。一緒に連れて行った友人が、関西の彼女に夜毎晩、長電話をするし、毎晩見たこともないネタの寿司は注文するし、頻繁にマッサージを呼ぶし、おまけにパンツまで洗濯屋に出す始末で、これでは請求書が二十万になるのも仕方がないと思った。私はおそるおそる、その請求書を副社長に差し出すと、副社長は、その請求書を見もせずに右の上着のポケットに入れてしまった。そして、少なかったら言って下さいと言われてアルバイトの報酬を渡された。それで私も封筒の中を確認すると4万円だと思っていたら、何と七万五千円が入っているではありませんか。少ないどころか、チョッと多いのですがと、お話すると、当選祝い金二万円と交通費一万五千円が入っていますとのことであった。選挙応援とは言いながら、学校の方は公欠扱いで、実際は宮城県の観光旅行に来た様なもので、おまけに七万五千円頂戴したのでは、こんなことでいいのかと反省してしまった。そんな楽しかった石巻市での思い出、その石巻市が41年経った今、悲劇の地獄絵の中にある。会社が存在されているとするならば、今野水産の皆様はどうされたであろうか。大変に心配です。南氷洋まで行かれる船を二隻持っておられた会社です。漁業国日本の復活のためにも石巻市の復興を念じております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災服で倒閣を免れた菅民主党

防災服を着ている限り菅総理は総理を続けていることが出来るので絶対に背広に着替えてはいけない。それにしても3月11日の朝刊に菅総理への外国人からの違法献金が報じられ、これは前原大臣に続き菅総理も辞任から逃げられないと国民は思ったはずである。それが、この大災害によって日本国中のスキャンダルが吹っ飛び、すべて無罪放免になってしまったと言うのが実状である。自分や自分達の悪事に怯えていた人達は皆、ニンマリではなかろうか。まさに大災害様々と言ったところか。さすがに直近の地方選挙では民主党は負けるにしても菅内閣は当分の間は安泰である。政権担当能力を疑われても仕方がなかった、いい加減な各政策も大震災のお陰で大幅な軌道修正が可能となる。本当にラッキーだと内心では思っているはずである。まさか窮地だった菅内閣が神風が吹くのを、ある宗教に祈願していたとは信じたくはないが、結果的には強烈に押しこまれたが、土俵際での見事な打棄りが決まったとの感は否めない。占領勢力としても清和会は、もはや不要となり、むしろ菅内閣の方が与し易しと判断し延命を認めるはずである。戦後の日本の政治家で本物だったのは田中総理だけで、今の日本の政治家は日本国民に目を向けて政治をやろうとすると葬られてしまうので、さも日本国民の方へ向いているふりをするのが精一杯なのである。これも仕方のないところか。とにかく防災服を着ている限り菅総理は安泰ですので絶対に閣僚の皆さんも防災服は脱がないことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民よ政府、マスコミに騙されるな

何の罪もない日本国民が数多く亡くなり、すべてを失った被災者や放射能とやらの目に見えない恐怖の被害に国民は物心両面にわたって苦しんでいる。福島原発と何の関係もない各地で原発批判阻止のための停電作戦の謀略に国民は巻きこまれ、こちらも苦しんでいる。消費税もそうだが、いつもしわ寄せは弱い庶民に集約される。東北の日本国民は純朴で、お上に逆らう精神も持ち合わせておらず、真面目で辛抱強いところが、なおさら痛々しく胸が詰まる思いである。福島原発付近の皆さんに対して自主的避難を促す政府の狡猾さには驚く。もし福島原発で放射能が出続けているなら外国人が日本から次々と脱出した理由を、しっかりと説明し避難命令を出さなければならない。福島原発から100キロ圏内の国民には他県への避難措置を実施し、国民の命の保証の万全を図るべきである。仮に原発事故が放射能疑惑のヤラセ手段であったとするなら、まさかそれを政府も発表するわけにもゆかないだろうが、だからと言って自主避難などとのわけのわからない指示を出してよいわけがない。被災地報道が重要なのはよくわかるが、しかし、そんなことよりも政府や有識者が国民に説明しなければならないのは、何でこんな大きな地震や津波が起きたのか、そして、いまだに日本全国で起きている地震の正体は何なのか、更にこの300回をはるかに超えるこの地震の原因は何なのか、いつおさまるのか、その大事なことを国民は知りたいのである。まさか大震災後の日本が、郵政民営化復活、TPP解放、消費税増税、米国債100兆円購入となると、それこそ地震以上の悪夢となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ところでアジア以外の外国人は何人亡くなっているのであろうか

本日の警察庁の発表では死者、行方不明者は25000人を超えたとある。お役所の発表は堅いところの数字しか言わないので、これから益々死亡者の数は増えるはずである。関東大震災で死者10万人であったので、残念ながらそれ位、亡くなっている人の数を覚悟せねばならないか。ところでチョッと疑問に思うのはアジア人以外の被災者の姿が見られないと言うことである。それとも東北地方には外国人は住んでおられないと言うことか。しかし、25000人を超す死者と不明者があるのに悲嘆にくれる外国人の姿がテレビ画面に映らないと言うのも考えすぎであろうか。そう言われてみると阪神淡路大震災の時も外国人の被災者の姿が見えなかったような気がする。あえて日本の報道当局が外国人の被災者の報道はしないとの不文律が暗黙のうちにあるのなら、それはそれで結構だとも思うが、この素朴な疑問は国民全部が持っているのではなかろうか。普通は、国にかかわらず航空機事故でも亡くなった方は、すべて報道すると思うのだが、深いところは私にもわからない。それと東京の停電ですが荒川区と足立区だけ何の連絡もなく停電するのはいけません。両区長が怒るのは当たり前のことです。人が怒るのは苦しいとか辛いとかではなく理解できない不公平があるから怒るのです。都心の区は日本の中枢であるから停電しないと言うのは、特権意識の何ものでもありません。もし、陛下がこの実状を知れば、まず皇居を停電させなさいとおっしゃるはずである。庶民や弱者を守るのが政権の座にある者の使命です。花も実もある指導者は、生活の苦しさに耐えている下町の皆さんを、何よりも優先させるものなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金町浄水場まで来たか

ジリジリと放射能が日本全国に流れだしている。近所の八百屋さんで福島産のイチゴが一パック100円で売られていた。見ていると生活が大変なのか100円のイチゴを皆さんが買っている。外国人が見たら驚くに違いない。日刊ゲンダイには原子炉回復には3万年の見出しが躍っている。放射能の恐ろしさを表現した確かなものであろうが、チェルノブイリ原発の周辺には今でもペンペン草も生えていないそうである。環境汚染の最大の癌が放射能であることが国民にも、よくわかったはずである。石油のカスも環境汚染の元凶であろうが、しかし石油のカスは死に直結しない。金町浄水場は私の家から近い。浄水場の並木道は、これから桜の見ごろと言うのに誠に残念なことである。世界の環境利権の勢力が、この原発事故でブレーキがかかることは致し方がないところか。想定外の出来ごとはどこにでもある。しかし事、放射能に関しては想定外では済まされない。原発はやはり危険なものである。携帯電話やパソコンや原子力や、とかく世の中便利になってはいるが、便利の裏側には大きなリスクが潜んでいるのも事実ではないだろうか。とにかく最近はやたらと国民が動きまわっている感じがする。24時間営業など、その典型ではなかろうか。国民は慌ただしい生活に疲れきっている。狭い日本である。そんなに便利にしなくても人々は生きて行けるはずである。東京の街はガス灯の方が、むしろ似合うのではなかろうか。冬は火鉢とコタツ、夏は夕立を待てば涼しくなるはずである。こんな恐ろしい結果もある、原発は、もう止めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東電職員の決死の作業の成功を祈るしかない

誠に申し訳ないことではあるが放射能を恐れていたのでは多くの日本国民を救う事は出来ない。原子力発電のプロである東電職員にしか復旧作業は出来ない。自衛官や警察官や消防官は放水することは出来るが原発操作の知識は無い。どうやら放射能が海水の中に流れ出ているようであるが、このまま放置すれば福島の海は汚染される。真っ暗な中での作業であるが、原発施設の破損状況がどうなっているのか、プールの底は穴が開いているのか、そのあたりを正確に把握しない限り放射能の恐怖から国民を守ることは出来まい。民間人である東電職員に自衛官や警察官の様に命を捨てても国民を守れと、お願いする筋合いのものではないが、原発機器が素人の自衛官や警察官が放射能を恐れずに施設内に入ってみたところでどうにもなるものではない。最悪、チェルノブイリ事故の様な状況になればロシアで200キロ外の避難となった現実を見ても、とても20キロ程度の避難が避難になるわけがない。米国人の関係者から話を聞いたところ、米国での原発事故の避難の距離は150キロだとおっしゃる。福島原発から150キロとなると静岡県あたりまで避難しなければ避難にならないと言うことか。昔、日本は原爆三発落とされたらオシマイと言われたことがあったが、避難距離が150キロから200キロとなると確かに三発落とされたら国内で逃げるところはなくなる。作業用の優秀なロボットでもあれば放射能を恐れることなく復旧作業も出来ようが、そんなロボットがあるわけでもない。そうなると日本国民の命と生活を守れるのは、現場の東電職員のみである。民間の人に特攻精神を哀願することは許されないが、ここまで来ると東電職員の命を捨てた神の手に託すしか方法はないのではなかろうか。プールの穴や破損個所を塞ぎ水の漏水を防止し部品を取り換えながら一つ一つ命を捨てての作業となっているはずである。私に原発機器の十分な知識があれば、62歳まで生きたのですから、ここは国家国民のために命を捨てても良いとは思うのですが、なにせ私も素人でどうにもなりません。最前線におられる東電職員の皆様には本当に申し訳ありませんが、ここは命を張って日本国民を何としても救って頂きたいと祈っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東国原氏はタイミングが悪い

東国原氏の場合は人気先行逃げ切り馬であるので、もっと早く立候補を宣言するべきであった。雰囲気と盛り上がり勝負の候補者であるだけに、この大震災の重い空気の中では、お笑いと言うわけにも行かず、ノックだ、青島だの感じて都民にアピールしようとしても、しらけ鳥が飛んでしまう。鉄のおもりを両足首につけておられたので、まだまだ石原氏は政治の世界から足を洗わないなと見ていたら、やはり自公の看板に押されての四選出馬である。都民としても大地震で選挙どころの話ではないと思いつつも投票率は下がっても結果は出るわけで、当然ながら、それが都民の審判となる。やはり票は減っても現職強しで四選は堅いところか。対決軸は政策の異なる共産党の小池氏か。しかし、いくら日本人が貧乏しても共産党の名は日本国民は、あまり好まない。共産党が赤旗を捨てて、日の丸の旗を掲げ、小池氏が靖国神社に参拝でもすれば、この失業と生活不安の格差社会ですから都民は、挙って小池氏に票を入れるでしょう。スーパー堤防の一件で北小岩の正真寺でお目にかかりましたが、中々の方で好感が持てました。しかしマルクス、レーニン主義を共産党が捨てていない以上、私も小池氏に投票するわけには行きません。民主党が東国原を応援するかと言えば、自民党のトップを希望されたこともある人ですから、それも難しいと思います。そうなると、やはり石原氏の勝ちでしょう。石原氏も、いつもの後出しジャンケンでしたが、東国原氏の場合は、石原氏の様子を見てての後手後手ジャンケンだったと思います。浮草人気稼業の芸能人、人気がなくなれば、すべてお終いです。残念ながら東国原氏に都民の人気風が吹くような状態でないことは確かです。ビートたけしさんが張り付いて選挙応援することも考えられず、風が吹くどころか風邪で寝込んでしまうのではないかと心配しております。まぁ私で良かったらいつでも応援に参りますので連絡して下さい。都知事選挙は柿沢先生の時、経験しておりますので大丈夫です。内緒で交通費位よろしくお願い致します。頑張って下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

リビア空爆ですか

リビア国内の民主化運動なるもので民主化を支持する多国籍軍が空爆すると言うのですから凄いですね。元々リビア政府がポルポト政権の様に市民を虐殺していたのなら人道的支援としてリビア政権を空爆することも理解できますが、アルカイダを中心とする勢力がリビア政権打倒のための武力闘争に出て来た以上、リビア政府側が防衛手段として武力で鎮圧しようとするのは、これはどこでも行われていることである。反政府側が劣勢に立とうと立つまいと、それはリビア国内の問題であり、リビア国民全体が政府打倒の盛り上がりを見せれば反政府側が劣勢になるわけがない。国民の中にも現政権支持者がいるわけで、そこは、リビア国内の問題であるので他国が干渉するのはどうかと思う。まして空爆と聞いてビックリである。日本国内でも武力による政権打倒の内戦が起きた場合は、鎮圧軍に勝てないとなると真の民主化、人道目的の名の下に多国籍軍による東京空爆が行われるのであろうか。そんな馬鹿なことはないはずである。リビアは40年以上カダフィ体制で政治が行われている国であり国民を苦しめている独裁であれば、今の世の中そんなに政権が続くわけがない。どうも中東はムバラク政権が倒れてから様子が変である。多国籍軍による空爆が、リビア国民への心配ではなく、イスラエルを心配しての空爆となると、その意味もよく理解できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それにしても各地で地震が300回以上も続くのはどうしてなのか

3月11日から10日も経つと言うのに、まだ地震が日本各地で起こっている。その数が300回を超えている。関東大震災の時も、こんな状態だったのかとは聞いたことは無い。大地震が起きればすべてのエネルギーが消失され鎮静化すると思われるのに長野だ山梨だ神奈川だ東京湾だで地震と言われても、こんなに全国で地震が起きるのでは地震情報もへったくれもなく日本全土で地震と報道するべきではなかろうか。地震学者の皆さんも、その方が、何々プレートがどうだこうだと、つまらないことをおっしゃらないで済むのではなかろうか。国民が知りたいのは大地震が起きた後に余震があるのはわかるが、その余震がどうして日本の広範囲に300回以上も起こるのか、そしてこの平均震度3か4の地震は、いつまで続くのか、その辺の所が一番心配なのである。被災地以外の外国人までが次々と日本を離れるのは何故なのか、これから再び大地震があるからなのか、国民としては不安になる。福島の原発被害で放射能汚染が日本全国に広がるとも考えられず、外国人が浮足立つ背景には一体何があるのか、そのあたりもよくわからない。それにしても20メートル近くの津波が襲った福島、宮城、岩手同胞の皆様の被害は甚大です。2万人どころの騒ぎではないのではなかろうか。長期となれば避難所で亡くなる皆様も出ると思われる。宇宙開発も大事だか、そんなことよりも足元の地震のメカニズムと地震予知の研究に日本国は力を注がなければならないはずである。天文学者が星ばかり見ながら歩いていたら穴に落ちて死んでしまったではどうにもならない。日本国民に地震攻撃かなどとの妄想を抱かせないためにも癌と同じように地震の早期発見が出来なければ、国民は地震の恐怖から逃げられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の原爆開発を中止させた昭和天皇

昭和19年春、日本が原爆開発の終盤を迎えていた頃、昭和天皇は仁科博士を訪れ原爆について詳細にお聞きになられたそうです。そして昭和天皇は原爆は世界を滅亡させるに十分な恐ろしい兵器であることを知られたそうです。一方、日本の原爆攻撃を実行すべく東條首相と杉山元帥は、太平洋上の米国の戦略地点への原爆投下の腹案を持って昭和天皇に奏上されたそうです。二人は陛下は、きっと喜ばれると思ったところ、原爆の恐ろしさを知っておられた陛下は、「いくつかの国が新型兵器を製造しているようだが、日本が最初に使用すれば、他国も必ず使用するに違いない、この兵器は人類を絶滅させる兵器となるので、新兵器を使用することには賛成することは出来ない。」と仰せられたそうです。これが東條首相辞任の引き金になったとも言われています。劣勢に対する一発逆転を考えた東條首相の戦争継続への勝算が切れた一瞬だったのかも知れません。杉山元帥はそれでも諦めきれず開発を続けていましたが、それが又、陛下の知るところとなり「まだやっているのか。」と諌められたそうです。杉山元帥も陛下の心を苦しめてしまったと自責の念を感じ、終戦直後に拳銃自決されました。杉山夫人も乃木夫人と同じように自ら命を断ち後を追われたとのこと。日本が、もし原爆を使用して一時的に劣勢を挽回しても原爆の数では圧倒的に連合国側が多いわけで、それこそ日本民族は絶滅していたかも知れません。終戦のご聖断ばかりでなく原爆開発を中止なされた昭和天皇の、ご遺徳には日本国民も感謝申し上げなければならないと思います。そして東條首相の、大東亜戦争は犯罪ではなく600万将兵も犯罪者ではありません。しかし敗戦の責任は取らねばなりません。この敗戦の責任は、すべて私にあり陛下には一切責任はございませんと東京裁判での発言を残し刑場の露と消えられた姿も見事だったと思います。今回の大震災に対する被災者皆さんのお姿を拝見しても日本人としての律儀さには驚くばかりです。卑怯なことは好まないのが日本人の精神文化であると思います。シベリア強制労働で5万人亡くなっても、東京大空襲や広島、長崎で原爆投下されても日本は賠償請求などしておりません。戦争に負けたのだから仕方がないと言っても、律儀な日本国民からむしり取る政策は、もう66年も経つのですから、そろそろ止めて頂きたいと思います。死文化されているとの意味もわからなくはないが、日本に対する敵国条項の条文は存在しているのですから、国連の皆様は一刻も早く、この敵国条項を削除して頂きたいと思います。終戦から66年経っても、今だに日本国民は苦しんでいるのですから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

何で外国人が日本を脱出するのだろうか

内戦や革命が起きたわけではない。地震災害である。被災地に住んでおられた外国人が日本を脱出するのはわかるが、被災地以外の外国人が日本を脱出する理由がよくわからない。放射能汚染と言っても福島原発の放射能が日本全域に広がるわけでもあるまい。広島、長崎に原爆が投下されたが広島県民、長崎県民が全員亡くなったわけではない。それとも今後も日本で大地震が起り続けるから日本に住んでいられないと言うことであろうか。どうも不可解である。もし、日本が好きだと言う外国人が居られるのなら、被災地復興のためのボランティア活動をやりたいと言う方が出てきてもいいのではなかろうか。それも人として尊いことだと思います。災害があっても暴動略奪が一つも存在しない日本人を、お褒め頂くのなら、日本を脱出しようとする外国人の神経が、どうかしているのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

被災地以外の日本の地域は正常に稼働させよ

少なくとも津波、原発被害を受けた地域以外のところの人々を動揺させてはならない。危機管理に慣れていない普通の国民は些細な情報にもパニック状態を起こす。スーパーでの驚くほどの人々の買い占め行動にも、それがよく見て取れる。以前にも米買い占めで10キロで一万円の値段がついたことがあったが、これも国民のパニックを狙った商売人達のいつもの手段である。石油が足りないわけでもないのに石油を売るのを少し止めればガソリンの値段はいやでも上がる。需要供給の簡単な原理がそこにある。この悪い商売原理と、ついついパニックとなる群集心理を止めなければ一億二千万国民の総被災者との錯覚意識から逃れることは出来ない。何はともあれ東京の停電など即刻止めさせなければならない。1200万人が動いている首都東京を普通に機能させなければ、円は76円どころか50円になってしまう。東京の電力が福島の原発にお世話になっているとは思えない。原発廃止と国民は決して言わないから安心して電気を流してもらいたい。一週間も経つのに毎日々、電車がまともに走らず、急病人の連続で電車が止まり、走行中の電車の窓ガラスが割れる様では通勤地獄も限界である。毎日、朝5時に家を出て3時間も4時間もかけて会社に出勤していたのでは円も76円になるのも当然です。石油も電力も十分にあるのですから、原発存続のための、つまらぬジェスチャーは止めて、政府は東京を筆頭として動ける地域は、電力を流して正常に経済を稼働させなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震被害の徹底解明を

プレートの反動による地震、そんなことは子供でも知っている。歴史を見ても大地震は数百年に一度あるかないかで、そんなに大地震ばかり起きていたのでは日本人は、これから日本列島に住んでいられなくなる。毎年大地震の連続では命がいくつあっても足りない。昭和47年頃に日本沈没と言う映画があったが、地震によって日本列島が沈没する恐れも無きにしも非ずである。今回気になった被害の映像は津波の色が黒かったと言うことである。まるで石油が津波となって押し寄せた様に見える。それとも海底から石油でも噴き出したのであろうか。宮城県沖に海底火山が存在していて、それが爆発したと言うならそのエネルギーとしての地震だと素直に認められるが、風光明美で平穏な松島沖での地震となるとイメージとしては中々湧いては来ない。太平洋プレートと言っても誰も見たわけでもないので実際はどうなっているのか誰もわからないはずである。地震の先生方も地震を予知できるものでなく、いつも同じような結果論ばかり論じられていて、まさに歯がゆいの一言である。数百年に一度の大地震が何故最近頻繁に起きるのか、その辺の所をしっかりと論じて頂きたい。又、原発が何故もろくも壊れたのか、海岸にある原発が地震津波に弱く原子棒が守り切れないばかりか、結局全ての原子炉が放射能汚染物質漏えいとなった原因は何故だったのか、国民にしっかりと説明してほしいものである。全てが自然災害であったと簡単に済ませていいものではなく、念には念を入れて、あらゆる可能性を想定して地震被害の徹底解明を被災者救済と同じように実施してもらいたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本危うし

被災者の皆様が地獄の苦しみを味わっている。この苦しみは単なる地震だけにあるのではなく地震が誘発した信じられない規模の津波と放射能の恐怖にある。菅政権と言ってみたところでオロオロしているのは菅総理と枝野官房長官だけで、何が機能しているのかまったくわからない状況である。地震後5日目だと言うのに、まだ電車に乗ることが出来ずに悪戦苦闘している国民が駅周辺やホームに溢れかえっている。原発不要論を恐れている利害関係者が、その国民の声を封じるためにヤラセ停電を実施しているとの助言もブログで受けたが、その推論は、あるいは正しいかも知れない。しかし国際的観点から、もう少し大きく見てみると、以前、小沢一郎氏が世界の権力者があと一年経つと変わるとの発言の意味が、おぼろげながら日本国民にもわかったのではなかろうか。新潟柏崎原発の地震、そして今回は福島原発の地震、いずれも原発は一つ間違うと、もろ刃の剣となり良薬にも毒薬にもなるとの警告か。石油利権と、原発による環境利権のゴッドファーザーの座を巡る、、路線対立が、その根底にあるとすると、一方の乾坤一擲の手段がここに示されたのであろうか。だが、これも推論である。それは神のみが知るところである。ただ間違いなく見えるのは日本の危機が迫っていると言うことである。国難である。日本民族は、敗戦以来の、この国難を天皇陛下をしっかりとお守りしながら一致団結して神風の吹くのを臥薪嘗胆して待つしか方法はあるまい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

福島の原発が一つ壊れただけで何で停電するの

日本の発電所が福島の原発しかないのなら東京の停電もわかるが、福島の原発だけで日本の国がそんなにヤワなわけはないはずである。火力発電もあり水力発電もあるはずである。朝と夕方だけでも電車は全部走らせてもらわなければ、それでなくとも通常朝はラッシュだと言うのにこんなことでは日本の経済活動がゼロになってしまう。運良く災害が及ばなかった日本の全地域には、しっかりと経済活動をやらせるべく政府は、それこそしっかりと指揮をとらなければならない。地震で他の地域までの停電など聞いたことない話で停電にして電車を走らせないのなら庶民を全部有給休暇にしてもらわなければ、被災者と同じように貧しい庶民は干上がってしまう。私も62歳ながら、3月11日の爆発地震のあった日には交通マヒのために西新宿から自宅まで、5時間45分も革靴で歩かざるを得なくなってしまった。午後5時15分から午後11時00分まで東京の街を歩きました。おかげで翌日は膝がガクガクになり腰痛も起きて、どうにもなりませんでした。被災者の皆様のことを思うと何とも弁明も出来ませんが、それにしても東京で被害が出たわけでもないのに、これだけ東京が痺れてしまうのですから、実際に東京で地震災害が起きたら一体どうなるのか、まさに無為無策が実態ではないかと思う。まさにパニックとなり無茶苦茶になるはずである。土日を経て電車が動かないのですから考えられない対応です。政府の皆さんも防災服でごまかさないで、こんな時位、日本が返さなくてもよい外国から資金援助を受けたらどうかと思います。せめて災害復興まで円安にしてもらい、米国債も売らせて頂くことを菅総理は、お願いするべきではないでしょうか。それがダメなら日銀の15兆円も結構ですが、返さなくてもよい、政府紙幣を発行して被災者と被災地の皆様を救うべきだと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

死者は10万人か

三陸町だけで行方不明者、一万人との新聞報道、こんな狭い地域で所在不明となると残念ながら津波で死亡された可能性が高い。阪神淡路大震災の時も最初のテレビ報道では死者5名と発表されたが、テレビの放送画面を見て、この状況で死者が5名のわけがないと思っていたら結果は、やはり死者5千名であった。報道は千倍の誤差があったわけであるが、今回の発表でも死者1000名以上とある。千名の千倍とはならないにしても実際は百倍位は覚悟せねばならないのではなかろうか。となると死者は10万人か。自衛隊10万人が災害出動とされたようであるが、この10万人は日本の戦闘部隊の全てである。他の自衛官は事務部門や兵站部門であって全自衛隊の総力をこの災害に投入することとなる。如何にこの災害が大きいものであるかが、よく理解できる。これはもはや戦争である。それにしても、今回の災害はインドネシアで起きた地震津波と状況がよく似ている。闇の情報筋では、このインドネシア地震は海底での核爆発との噂もあるが、地震兵器の話は昭和20年当時でもあった話である。関東大震災どころの話ではない恐るべき規模の地震災害。余震の長さや規模も普通ではない。まさに今の日本は戦争状態である。昭和20年の3月10日の東京大空襲の死者10万人ではなく、平成23年3月11日の地下からの攻撃による死者10万人か、原発が破壊され放射能が日本国民を襲う、これはもしかしたら攻撃か、日本国政府は、これ位の最悪の裏読みをしながら事に当たらなければ、日本国民を守り切れるものではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなに地震が起きるわけがないのだが

地下のプレートのエネルギーが頂点に達し地震が起きると思うのだが、一度起きればエネルギーは消滅し鎮静化するものだが、こんなに毎年、関東甲信越、東北で地震ばかり続くのはどうも不思議なことである。阪神淡路大地震も、この地域は岩手県と同じで岩盤が強く地震など起こらないと言うことで高級住宅化したわけで、その場所で地震が起きたので、あの時も驚いたものである。災害には自然災害と人為的災害の二つがあると思うが推理やサスペンスも好きな作家としては、自然災害はテレビ、新聞で多くの方が語られているので、フィクションとして壮大なドラマを考えると、この地震も、いろいろなストーリーが見えてくる。出ないと思われていた石原都知事の会見時に起きた地震、菅総理が外国人からの献金報道、地震のお陰で石原氏は空振り、総理辞任の危機となった菅氏は内心、助かったとの思いではなかろうか。それにしても勝手な推理としては二つのものが見えてくる。一つは原発の放射能もれであり、もう一つはTPPである。環境利権が原発建設にあるわけで、それに対抗するのが旧来の石油利権。原発の危険性を考えると、この放射能汚染で原発利権にも待ったがかかる。日本の米の最大生産地は関東や東北である。ここが地震で機能しなくなると食料自給率どころではなくなり、外国の食物に頼らざるを得なくなる。TPP推進派にとっては、日本の米農家の没落は好都合ではなかろうか。まさか、人為的に地震が起こせるとは思えないが、何でも有が今の世の中である。最近、地震が多すぎる日本、何かと勘繰りたくなるのも私ばかりではあるまい。おそらくは数千人の犠牲者が出ていると思われます。悔しい話ですが、唯々ご冥福を祈るしかありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土肥議員は詐欺罪で逮捕しなければなるまい

何処の国の国会議員だか知らぬが、竹島問題で韓国側主張の共同宣言に署名するのだから土肥議員は韓国の国会議員なのだろう。それで議員歳費は日本の税金で貰っているとなると、これは詐欺罪が適用されると思われる。それは当たり前の話であろう。日本国そして日本国民のために働くから日本の国会議員なのであって、韓国の利益に走れば韓国の国会議員である。土肥議員の行動は大学入試のカンニングの比ではない。カンニングが逮捕されるのだから土肥議員は日本国、日本国民に対する詐欺、背任で逮捕しなければなるまい。それにしても在日民主党議員が次々と起こすお粗末さには驚くばかりである。革マル献金の枝野官房長官、黒い外国人献金の前原元大臣、政治資金私的流用の噂がある蓮舫大臣、いずれも純粋な日本人ではないと思われる皆様である。民主党はこんな皆様の巣窟みたいな政党である。そんな政党に政権を託さなければならなくなった国民も悲劇であったが、そこまで日本国民を追い込んだ自民党の数々の悪政にも、その責任があるのである。日本の政治は田中角栄総理で終焉を迎えており、それ以降の日本の政治はフリーメーソンの言いなりである。そんな情けない日本の政治の恥の上塗りが今回の土肥議員の行動である。玄洋社員健在ならば、来島恒喜烈士の様な国士が次々と現れても不思議ではない国際問題のはずである。近年、盛り上がりに欠ける日本の愛国運動、その原因が占領政策の成功にあったとは、あまりその認識に気付かなくされてしまった日本国民。竹島も尖閣列島も北方四島も日本の固有の領土である。この領土問題を国民的大運動にするためにも土肥議員の行動は絶対に許してはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都知事候補は平沢勝栄氏に

衆議院議員を自ら辞職されて都知事となり、そして再び東京一区から衆議院との一部マスコミ報道。事の真実はわからないが、78歳、もうそろそろ生臭い話には参加されたくはない境地ではないでしょうか。救国内閣も結構だが人寄せパンダばかりやらされて残りが見える人生の終末位悠々自適に過ごされるのが賢明かと思います。三島先生は45歳で亡くなってしまったのですから、それから33年の78歳まで働かれたのですから任務は十分に果たされたと思います。もう石原先生は、お役御免で世の中のご意見番になられた方が人々のためになると思います。総理候補、あるいは都知事候補は都連会長の、ご子息でいいじゃありませんか。自民党が候補者を立てないなど、みっともない話で、都連会長がダメなら総務会長の平沢先生を都知事候補にすれば良いと思います。東京17区で16万票も票を取る候補者ですから都知事選挙も平沢先生なら勝算は十分にあるはずです。最終的には自民党都連の責任なのですから石原慎太郎氏が出られない以上、都連役員から出るべきだと思います。平沢先生なら河村市長も応援に来られるはずです。自公蜜月が続いている以上、公明党の山口代表も平沢都知事を応援して下さるでしょう。何故なら東京17区で平沢先生不在となれば山口代表が衆議院に復帰できるからです。自公民で推せる候補者が勝てる候補者のはずです。消去法で行っても、平沢先生が都知事候補に適任だと思われます。そうなれば東京の治安も盤石なものになるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢一郎氏抜きで民主党が存在出来るわけがない

何しろ政権の中枢に居たこともなければ与党経験もない素人集団が集まっただけの民主党が、まともな政治が出来るわけがないことは最初からわかっていたことである。それでも百戦錬磨の剛腕小沢氏がいれば、何とかなると思い、国民は素人集団でも腐った自民党に鉄槌を加えることが出来ると考えたのである。年金、高齢者医療、失業、格差社会の苦しさに耐えきれず、苦渋の決断で、あえて在日議員が多いが、それも止むなしとの思いで民主党に政権を与えたのである。それが何ですか。進駐軍に、ちょっとイチャモンをつけられた位でビビってしまい、保身のために小沢斬りに東奔西走してしまった菅政権。その清廉潔白の正義面をされていた皆様が、黒い献金で吹き飛ばされようとしている姿は実に滑稽である。小沢氏抜きでは素人がプロの棋士と飛車角抜きで対局するようなもので、とても将棋、つまり政治どころの騒ぎではないのである。前原献金ばかりでなく、これからも次々とポロが出てきて、八百長賭博の相撲協会と一緒で、もう菅民主党は身体全体に癌細胞が広がり末期どころか、心肺停止が目前に迫っている。民主党が大同団結して勢いを吹き返すためには、やはり小沢氏の再登板しかあるまい。それとも亀井総理の救国内閣に託すか。ともかく菅総理は目前に迫った心肺停止になる前に、一秒でも早く総理を辞任しなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前原献金は氷山の一角

年収800万円の河村市長は別として、浄財などそんなに集まるものではない。日本の風土は金のある人が政治家として手を挙げ、自分の金を散布して票を集めるもので選挙民から献金など求めたら、それこそ一票も入らない。だからどうしても浄財ではない金に手を出さざるを得ないのである。しかし、うしろめたい人以外は何も政治家に頼むことはなく役所に行けばいいことであって、それこそ政治力に頼ろうとする陳情は、とかくグレーのものがその大部分であると言える。勿論それがすべて悪いことではないが、斬った張ったの政治の世界では、それが攻撃のスキャンダルとなって表れる。考えてもみてください。親子兄弟でもない人が、何の理由もなく、まとまった金を政治家に献金するわけがありません。必ず何かの理由があるはずである。その点、鳩山元総理はお母さんからの、お金なのですから、これは間違いなく浄財であり奇麗なお金のはずです。前原大臣が在日の方から実際はいくら貰ったかは知りませんが、新聞報道にあるような総額25万円で外務大臣を辞任するとは考えられない。25万円の不正献金で大臣を辞めるのなら国会議員全員が辞めなければならなくなる。前原大臣は、おそらくは他にも外国人からの献金があったのではなかろうか。私だって過去に頼まれ仲人をして仲人礼を30万、50万と頂いたことがあるが、一度も領収書など書いたことは無い。それが25万円で大臣の首が飛んだのでは、日本の大臣が軽すぎて他国に笑われてしまう。せめてマスコミも嘘でもいいから、前原大臣、外国人から一億円の献金と位、書いて頂いた方が、おっ、前原大臣も相当な人物になったなと評価もされようが、25万円では、しょぼくれた金額で、いささか首も情けないし、国民が驚くような金額でもない。大体、河村市長は別格として、政治家は裏金が入るから誰しもが喜んで政治家をやるのであり、そうでなければ駅頭で、つまらない人々にペコペコ頭を下げるはずもないのである。地方議員だって、ちょっと保育園の裏口相談や生活保護の裏、口利きだけでも、お小遣いが稼げるのですから政治家を一度やったら辞められません。他にも、町内の葬儀委員長、建築確認の役所への助言、どれもこれも本当にいいアルバイトです。いずれも領収書などないのですから、きっと多くの皆さんは、前原大臣の25万円の辞任にはビックリマンチョコレートで目をパチクリしているはずです。政治家としての力量、資質は裏金をいかに多く持てるかが勝負で、裏金づくりが出来ない私は、やはり政治家としての資質はありません。その点で、違法献金で辞任された前原大臣は政治家としては立派な資質を持っておられると思います。でも、どんな世界にも上には上がいるもので、莫大な裏金を集めながらも、いけシャーシャーと善人面をして、お惚けを決め込んでいる多くの悪徳政治家が多数居ることを見落としてはなりません。前原献金など氷山の一角なのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前原大臣辞任なら枝野官房長官も蓮舫大臣も辞任せねばなるまい

どうも世界の権力者が一年を待たずして交代したようである。前原大臣も僅かな金額ではあるが、4年間も貰っていたとなると在日の方だとは知らなかったでは逃げ切れないと判断したのだと思われる。前原大臣辞任となると革マルから献金を受けていた枝野官房長官も再び窮地となる。こちらは極左暴力集団であり在日の方どころの話ではない。蓮舫氏に至っては、政治資金の私的流用が見られるだけに、こちらも苦しい立場となろう。金額的にも前原大臣よりも多いだけに、説明責任、説明責任とさかんに皆さん言われていただけに自業自得であろう。面白いことにマスコミも最近小沢氏の政治資金の問題を言わなくなり、一体どうしたんだと聞きたいくらいである。小沢氏の政治と金を売りにしていた皆さんが、その政治と金で失脚したり追及されたりするのですから、おいおい、いい加減にしろよと国民は皆、怒りだすに違いない。もはや菅政権は、これで、ご臨終である。小沢氏とうまくやっていれば民主党もこんなことにはならなかったはずである。寄木細工の民主党が政権を取った瞬間に分裂が始まると昔から言われていたが、それがこんなに早く来るとは誰も思わなかったのではなかろうか。こうなれば菅民主党も救国政権実現のために大きく譲歩しなければなるまい。小泉政治の批判から始まった民主党政権。それが小泉政治と一緒だったとは国民は誰も思わなかったはずである。ここでウルトラCを出さなければ民主党は、もう持たない。ここは一番、救国暫定内閣として、小泉政治の対立軸にある亀井氏を総理にするべきである。亀井総理ならCIAも一目置くであろうし、国民のためになる政治をしてくれるはずである。亀井総理なら政府紙幣も発行してくれるかも知れない。勿論、日米対等をスローガンに、米国の意向通り普天間基地もグァムに移転となる。すべて菅総理の潔さにある。前原大臣辞任は、連鎖反応として枝野氏、蓮舫氏の辞任へと広がる。逆襲、小沢一郎の時代が又やってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前原総理も消えたな

連合赤軍の臭いのする菅民主党。権力を巡って熾烈な政治的殺戮が日常茶飯事のように行われている。菅総理自身がいつ寝首を掻かれるかとオロオロしている時に、前原氏の外国人献金話には思わず、菅氏も岡田氏もニンマリであろう。これで社青同元官房長官が描いていた菅、岡田両氏粛清後の前原総理実現は消えた。スキャンダルは誰でも持っている。それにGOサインを出すのは日本管理委員会か。ペンタゴンに受けの良い前原氏が消去されたとなると民主党政権は、どんなに日米同盟優先と言ってみたところで、すでに見捨てられているのかも知れない。反小沢の民主党閣僚が次々と政治資金の問題が明らかになる裏に見えるもの、それはもしかしたら世界の権力者の交代が早まっているのかも知れない。造反者の処分も出来ない菅民主党、もはやこれまでではないでしょうか。蓮舫大臣の政治資金の問題、枝野官房長官革マル献金、そして今回の前原大臣の外国人献金問題、皮肉にも、いずれも小沢氏を厳しく追及された面々である。東京地検は動かないのであろうか。そもそも在日関係議員が数多く所属する民主党、日本人から献金を受けることは至難の業の様な気がする。しかし政治活動には金が必要である。ついつい危ない金だと思っても政治家の大部分は懐に、この金を入れてしまう。在日関係者の職業で多いのは政治家と芸能人である。これも日本人には渡さずに彼らの大きな利権となっている。それはそれとしていいのですが、外国の血が流れている日本の政治家が日本のためになる政治を100%やるはずはない。しかしこれでは困るのである。日本国民は国会議員の細かい素性は知らない。知ったとすると色々なものが日本国民にも見えてくるはずである。在日の方からの献金、となると前原氏も枝野氏も菅氏も岡田氏も・・・・、アレアレ、そして、この人も、あの人も、・・・・・・、いや驚きました。これで日本国民のための政治が出来るのでしょうか。本当に心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンニングが三年以下の懲役なら裏口入学は死刑か

もういい加減に止めて頂戴の世界である。試験にカンニングはつきものでカンニングも立派な日本の文化である。この受験生が一体どんな大それたことをしたと言うのであろうか。点数、点数と何が一流の大学かは知らぬが、学校の勉強など、さほど社会で役に立つものではない。それは単なる、勉強のための勉強の様なものでクイズ番組に毛の生えたものが大学入試である。そんなつまらぬものに一喜一憂させられる子供も可愛そうである。大体、頭は帽子を被るためにあるもので、いい若い者が勉強などしてどうします。子供の頃から、てんとう虫ならともかく、点取り虫が趣味では、自己本位のロクでもない子供ばかりしか育ちません。昔は、粋な先生は出来ない子供には、こっそりと答えを教えてくれたものです。落語の円歌さんが岩倉鉄道学校の生徒だった頃、試験がわからずに「我、援軍待てども、ついに来らず、ここに玉砕す」と白紙の答案を出したところ、その科目の先生が「我、援軍を出す」と70点をつけてくれたそうである。中々いい話じゃありませんか。四角四面は豆腐屋の娘、色は白いが水臭い。これも寅さんの名セリフである。そこで、真っ平御免と啖呵を切って、さあさあ、おぁ兄さん、おぁ姉さん、皆さん方は今まで生きてきて、隣の人の答案用紙をさりげなくでも見たことはありませんかと問われれば、さて何人の人が真っ向から否定できましょうか。バッターだって、バッターボックスでチラッとキャッチャーの構えやサインを盗んでいるではありませんか。世の中すべてバレないと事は大きくならないのです。試験会場カンニングがあるから試験なのです。カンニングしないで済むものなど、どうでもいい試験のはずです。神代の昔から多くの人々が文化の様に行っていたカンニング、それが三年以下の懲役の内容で少年が逮捕されるのですからマスコミの罪は重い。カンニングで騒ぐなら、莫大な金が動く裏口入学の実態を何故報じないのか、これは不条理である。この少年は生活の豊かな子供ではないはずである。だから国立大学に入りたかったのであろう。携帯電話を使った今風のカンニング。可愛いじゃありませんか。こんな程度の出来ごとが、懲役三年以下なら裏口入学は死刑にせねばなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惜しまれて去ることの大切さ

やはり石原氏は政治家ではなく作家であったことが今回の流れで良く理解出来ました。惜しまれて散るから桜は美しいのであって、散ぎわの見事さで、その人物の評価も高まるのである。石原先生の78年の人生で見えていたものは、文人と言うより三島先生と同じく武人の血が流れている様な気がいたしました。武士にとって一番大切なものは、その潔さであり、潔い人ほど、その魅力も正比例すると思われます。私が初めて石原先生とお会いしたところは昭和44年12月の賀屋興宣先生の選挙事務所でした。私が20歳、石原先生が36歳でいらしたと思います。先生は慎太郎刈りで黒の長い革のコートを着ておられました。賀屋先生が80歳でいらしたので東京3区は、次は石原先生かとも勝手に想像しておりました。二度目にお会いしたのは、平成11年の都知事選挙で、私は柿沢先生と一緒に動いておりましたので、選挙期間中、各テレビ局で何度もお目にかかりました。いつもダブルのブレザーをさりげなく着こなしておられましたね。一見横柄な態度をされますが、それは正直の裏返しで、本音を言う政治家が少なくなってしまった今の日本も淋しい限りです。それにしても長い間、御苦労さまでした。こうなれば国政などと野暮なことを、おっしゃるつもりもないでしょうが、これからは日本の武人としてクーデターの計画でもされたらいいのではないかと思います。私が国士舘の学生だった頃、民族派学生組織だった日本学生同盟がその後、早稲田大学内部で分裂してしまったわけですが、その理由が平成6年まで私にはわかりませんでした。そして、矢野 潤氏が亡くなってからの風の噂で分裂した理由が伝わって来ました。それによると、本当かどうかわかりませんが、矢野氏がクーデターを真剣に考えていたとのこと。これが分裂の真相だと教えてくれた方がおられました。愛国運動の最後は、やはりクーデターしかないかと考えさせられました。78歳の石原先生、どうかこれからの人生を盟友であられた三島先生の意思を引き継がれて、いざと言う時には、クーデターの先頭に立って頂きたいと思います。今の日本は危険人物が少なすぎて迫力がなくなっているものですから世界から舐められっぱなしにされているのです。これでは真面目な日本国民が可愛そうです。やはり歩一の栗原中尉や歩三の安藤大尉の様な人物が居られなければ日本の国は立ち直れません。石原先生のクーデター政治に期待をしております。どうかこれからも益々、お元気で、国家国民のことを宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主化はフリーメーソンの殺し文句

急に又、リビアが何のための民主化であろうか。カダフィ大佐が独裁と言うが40年以上国家元首で居る人が、今更独裁者と言われても、言われて一番驚いているのは、おい、それはないだろうと怒っている、カダフィ大佐自身ではなかろうか。優れた指導者が居れば何も衆愚政治にもなりかねない議会主義を選択する必要もないはずである。カダフィ独裁が悪ければ、どう考えたって40年以上続くはずがない。リビアも他の中東諸国も独裁だ、独裁だと、TPPと一緒で、急に騒ぎ出したのは、エジプトの親米ムバラク政権が倒れてからである。イスラエルにとってムバラク失脚は、中東の唯一の理解者が居なくなり四面楚歌の状態になってしまったことを意味する。まさか八方ふさがりの米軍を中東諸国に送り込み各地で戦争をやるわけにも行かないであろう。それで、いつもの常套手段である工作員多数を送り込んで内部崩壊を図るのである。民主化と言う名の殺し文句で、アルカイダ等を使っての市民運動ではなく内戦を仕掛けるのである。どんな場面にも先頭に立つ者に素人はいない。カダフィ大佐もそれがわかっているから空爆まで行って鎮静化しようとするのである。それにしても、紙幣をいくらでも印刷できる米国は強い。どうやら民主党もフリーメーソンに見捨てられそうである。前原氏、野田氏、蓮舫氏、枝野氏が政治資金の不備を今、テレビで放送されている。この時期に致命的な報道である。政治と金の一つ覚えで小沢氏を追及していた皆さん自身が、逆に政治と金で引っかかる様では、ブルータス、お前もかと笑ってしまう。こんな報道が、あえて出ると言う事は、フリーメーソンが菅民主党を見捨てたと言う事である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都知事候補乱立では石原氏の勝ち

3月11日に石原氏の去就がわかるそうであるが、国政か都知事か、まだ決めかねているのであろうか。いや、そんなことはあるまい。救国、亀井総理暫定で石原総理の本格登板、こんな文字がマスコミの紙面に躍っていたが、亀井氏では日和見の自民党が乗ってこないのかも知れない。乗ってこなければ、石原氏も二の足を踏むか。両足首には鉄の重石をつけておられ、まだまだ、お元気である。神奈川県の松沢知事が都知事出馬の報道であるが、失礼だが松沢知事が都知事選で勝てるとは思えない。石原、松沢、上田の三知事は仲良しで、いつも有楽町での街頭演説で、三人のお姿をいつも拝見している。どうも松沢知事の場合は石原氏の援護射撃の様に思える。神奈川県知事を捨てる裏には浮動票のかく乱作戦があるのかも知れない。ダメでも近々に衆議院の解散がある。名前を全国に売るにはチャンスである。松沢氏出馬で苦しくなるのは、石原氏以外の他の候補者であろう。平成11年の都知事選挙でも、明石氏では勝てないと読んだ自民党が慌てて出したのが石原氏だったとの噂が残っている。乱立では現職石原氏が有利に決まっている。東京マラソンの号砲一発、先の見えない総理候補よりも、まずは都知事四選か、松沢氏はとりあえず副知事か、先が見えれば、解散後でも総理の座は読める。そこで都知事を松沢氏に譲れば、すべて事はうまく運ぶ。私の読み過ぎかも知れないが、それくらい勝手に読まなければ作家稼業も楽しくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »