« 国籍を変えてまでオリンピックに出るべきではない | トップページ | 小沢氏無罪で売国勢力を葬れ »

陸山会の次は隠し子と、又くだらない攻撃か

明日はいよいよ小沢氏に無罪が言い渡される日。検察が二度も不起訴にしたものを虚偽調書を作成した検事を逮捕もしないのですから、小沢氏を無罪にしなければ、この世は益々、闇となります。もう今の国民には、検察だけは、あるいはマスコミだけは、正義で国民の味方だと思っていたものが、実はそうではないとがわかってきたのです。検察もマスコミも厳正公平の精神に立ち返らなければ、人々は闇の暴力に頼りだしかねません。それと、何ですか、週刊誌が、今度は、小沢隠し子とは。陸山会がダメだから、次は隠し子で攻撃ですか。政治家にプライバシーはないと言ってしまえばそれまでですが、そんなくだらない下ネタで政治歴43年の人を攻めるのですか。隠し子が問題なら、小沢氏ばかりでなく地方議員も含めて、全部の政治家の隠し子を一覧表にして発表するべきである。おそらく、そんな記事を見た国民は一笑に付して終わりであろう。スキャンダルならスキャンダルで、どうせ報道するなら重慶市の、殺人、亡命、権力闘争を含めた、中国大幹部位の、大スキャンダルを報道してもらいたいものである。小沢氏隠し子は、陸山会と同じく、23年前の古い話で、万が一にも、本当だとしても、もう賞味期限切れで、どうでもいい、くだらない下世話ごと、なのである。どうも小沢無罪のいやがらせ報道としか思えない。週刊誌に記事依頼をしたのは誰か、おそらくいつもの皆さんであると思われる。そんなことよりも、テレビ局が、これだけ暴力団による発砲事件が起きていると言うのに、暴力団を番組化されないのも変な話である。まさかテレビ局まで銃弾が撃ち込まれることを心配しているからであろうか。それともよく解釈して、警察の捜査に支障をきたすからであろうか。今日の工藤会の捜索も、直ぐに終わってしまったとか。福岡県警大丈夫かと心配になる。昔から、芸能界にも深く浸透している暴力団、テレビ局が暴力団報道に二の足を踏むのも仕方がないことか。

|

« 国籍を変えてまでオリンピックに出るべきではない | トップページ | 小沢氏無罪で売国勢力を葬れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/45021490

この記事へのトラックバック一覧です: 陸山会の次は隠し子と、又くだらない攻撃か:

« 国籍を変えてまでオリンピックに出るべきではない | トップページ | 小沢氏無罪で売国勢力を葬れ »