« 亀井先生これから一花咲かせましょう | トップページ | 石原都知事は大したものです »

清武氏の呪いか

日本最強との前評判であった巨人打線が、まさかの音無し。8試合やって本塁打ゼロ、31イニング無得点は異常である。日本の代表球団を自負する巨人軍にとって日本一は至上命題であって、そのために各チームの四番とエースを集めることに腐心している昨今がある。この裏側には豊富な資金力に物を言わせて、なりふり構わぬ選手獲得の手段が見え隠れする。渡辺会長が独裁かどうか、そんなことは知らないが、問題は清武氏に反旗を翻らせたところに手落ちがあったと思われる。昔、田中元総理が榎本なる女性の蜂の一刺にやられたことがあったが、一刺しがあるまで田中元総理は、こんな状況があることは知らなかったそうである。おそらく田中元総理の取り巻きの皆さんに判断ミスがあったと思われる。些細なことと甘く見ると、とかく物事は思わぬ方向へ発展してしまう。組織防衛の基本は、不満分子は早く見つけ、それを適切に処理することなのである。たとえ、運悪く、トラブルとなっても、あくまでも内部で解決するべきものであり、それが表沙汰になっては、どちらにとってもマイナスとなる。清武氏の場合は、もはや泥仕合の感もあるが、少なくとも一刻も早く終息させるべきであろう。とかく組織内には、マッチポンプで生きている狡猾な人間も多いが、清々しい精神が求められるスポーツの世界には、それは許されるものではない。巨人軍の大低迷が清武氏の呪いにあるとも思えないが、この世には怨念や生霊が存在することも事実なのである。一度、巨人軍の打者と、東京ドームを塩で清めたらいいと思います。

|

« 亀井先生これから一花咲かせましょう | トップページ | 石原都知事は大したものです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/44799138

この記事へのトラックバック一覧です: 清武氏の呪いか:

« 亀井先生これから一花咲かせましょう | トップページ | 石原都知事は大したものです »