« 大使館員は全員スパイなのですが | トップページ | 自民党は騙したつもりが騙されたりして »

生活保護は国民年金と同額に

とかく不正や不公平は真面目な人を怒らせることになる。母子家庭で19万円、それで偽装離婚すれば、闇の夫婦は月40万円の収入となる。おまけに税金も免除。これでは地道に働くことなどアホらしくなる。生活保護費で家を建てる外国人、恍けて一億円も貯蓄したと豪語する輩。犯罪者が時代の寵児となる世の中に義憤を覚える。大阪で18人に一人が生活保護受給者と言うなら東京、1億2千万人では都民の670万人が生活保護を受けても不思議ではない。芸人ばかりが叩かれていると言うが、テレビ画面の人気商売で稼いでいる以上、その社会的責任は致し方あるまい。その弁明も、いつも同じの決まり文句で、不正受給であるとは思わなかったとの過失説明ばかりである。法は過失が許されるものではなく、過失で済むなら極端な話、殺人を犯しても、人を殺すことを法律で禁止されているとは知らなかったで済んでしまう。そんな馬鹿なことはあるまい。完全雇用が崩れ、子供が親を会社の保険に一緒に入れることも出来ず、子供が親を経済的にも守りきれなくなった厳しい現実があるのも事実である。しかし、この論法をすべて認めてしまえば、都民670万人が生活保護受給者となり日本は生活保護費で潰れることになる。どう釈明しようと、毎月40万円のローンを組める息子さんが母親に生活保護を貰わせてはならない。資産がなく年金も貰えない人は、いつまでも働かなければならない。しかし、それもでも80歳、90歳ともなれば働きたくても働けなくなるのである。聖路加病院の百歳でいらっしゃる日野原先生に講演の依頼をすると、急に言われても三年先まで講演が詰まっていて、三年先の予定にしてほしいと言われるそうである。こんな元気な日野原先生は別格で、高齢者が働いて稼ぐことは無理なことなのである。ですから生活保護も当然なのですが、やはり不正受給の闇は深く、簡単に3兆8千億円の予算を大幅に削ることは難しいと思われます。そこで国民との公平さを期すのなら、生活保護費も国民年金と同額にするべきではないでしょうか。そして、その人が本当に援助を受けられる身内がなく、天涯孤独で6万円だけでは生活が出来ないとわかれば、その人には別枠で、更に6万円支給する形にするべきだと思います。そうしなければ、親兄弟が団結して家族を互いに支え合う、日本の素晴らしい伝統文化の崩壊に繋がります。つまり生活保護不正受給は日本の家族制度の頂点である、天皇制をも否定することになるのです。

|

« 大使館員は全員スパイなのですが | トップページ | 自民党は騙したつもりが騙されたりして »

コメント

初めまして。
年金と同額に。
ほんとうにその通りだと
思います。
私もそうするべきだと思います。

投稿: 翡翠 | 2012年5月31日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/45476321

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護は国民年金と同額に:

« 大使館員は全員スパイなのですが | トップページ | 自民党は騙したつもりが騙されたりして »