« 旭天鵬優勝で市場原理主義も薄まる | トップページ | スカイツリーと日本王国 »

もはや小沢新党に期待するしかないか

野田総理も小泉総理と同様に米国サイドに弱みを握られたか。このデフレの大不況下に消費税増税などやれば、日本国民の8割は生活保護不正受給の道を選ぶしかなくなる。日本の借金は国内における借金で、ギリシャの様な経済破たんなど、あるわけがないのに、破たん、破たん、との馬鹿の一つ覚えの詭弁で日本国民を騙すのに必死である。ドルもユーロも落ち目の三度笠だからこそ、安定している円が買われ日本国債も買われるのです。それ程、日本は世界に信用があるのです。しかし、このまま、なすがままにしていては日本企業の株価は暴落するばかりです。何しろ日本企業にとって円高は最大のネックなのです。今一刻も早く日本にとって必要なのは、デフレ脱却であり、緊縮財政ではなく財政出動なのです。TPPや規制緩和など論外で、もう米国の利益となるための政策に従う余裕など日本にはないのです。公共事業と内需拡大を積極的に行い、雇用を確保し日本企業の株価を上げ税収額を高めなければなりません。消費税増税もTPPもフリーメーソンの陰謀であり、そんな罠に陥ってはなりません。私が霊視したところ、谷垣自民党も野田民主党も、すでに用済みとの答えが見えています。お二人とも、何者なのかは、よく知りませんが、柿沢先生の都知事選挙の応援で、お会いした、デーブ、スペクター氏の推薦で、テレビ出演させたタレント弁護士の橋下市長が総理との巷の噂。どう考えても普通ではありません。そして、久間元防衛大臣が「原爆を落とされても、しゃぁないな。」と言った同じ会場での、石原都知事の尖閣諸島、東京都買い取り発言。これも石原知事一人の判断で、明確に世界に発信できることではあるまい。これは、一つ間違えば中国と戦争となる内容である。おそらく米国筋のバックアップがあっての発言と思われる。しかも、橋下市長と石原知事は性格的に、どう見ても相性がいいとは思えず、その二人が組むと言うのは、裏で何方かが組ませていると思われる。おそらく、日本植民地継続派が描いているシナリオは、野田民主党でも谷垣自民党でもなく、石原、橋下新党による政権樹立であろう。何のことはない、これは単に傀儡の首を替えて、日本国民の憎悪の目を逸らしたものにすぎない。新傀儡も、消費税増税、TPP賛成、反中国であると思われる。これでは、日本国民は永久に救われまい。頼りは、米国筋に苛め続けられている小沢一郎氏のみである。まもなく世界の権力者が変わる。その時がYP体制が打破され、日本独立のチャンスとなるはずである。アジア民族よ団結せよ。

|

« 旭天鵬優勝で市場原理主義も薄まる | トップページ | スカイツリーと日本王国 »

コメント

小沢一派にはぜひ「新民主党」という党名で脱党していただきたい。「民主党」の字画は20画で決して良いとは言えないが、新(13画)が加われば33画の帝王運。必ず天下をとれる!

投稿: | 2012年5月21日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/45353688

この記事へのトラックバック一覧です: もはや小沢新党に期待するしかないか:

« 旭天鵬優勝で市場原理主義も薄まる | トップページ | スカイツリーと日本王国 »