« 片山さつき議員を脅すとは何事か | トップページ | 生活保護は国民年金と同額に »

大使館員は全員スパイなのですが

軍人将棋で、スパイは一番強い大将に勝てるが、その他の駒には全て負けてしまう。大将としてはスパイは地雷と並び、大将の天敵である。私も子供の頃から軍人将棋が好きで、スパイで大将に勝った時程、気持ちのいいものはなかった。スパイの目的は他国の機密情報の収集であり、国家の攪乱である。だから一人のスパイによって、その国家が亡ぼされることもあるのである。日本のスパイで有名なのは日露戦争時の明石大佐で、明石大佐はレーニンを支持し、日本の三八式歩兵銃でロシア革命を行わせたことなど普通の人は知らない。明石大佐は明治35年8月、時の参謀次長、児玉源太郎中将の密命を受けてロシアに潜入した。ロシア政府顚覆のための、あらゆる謀略手段を講じるためにである。明石大佐の任務は、ロシア各地で暴動を起こさせることが目的であった。明治38年1月、ぺテルスブルグにおいて怪僧ガボンのもとに大暴動が起こった。又、同年6月には戦艦ポチョムキンの艦上において反乱が起こり、軍隊の内部にまで暴動が拡大した。明石大佐の謀略活動は、ついにはロシア革命にまで結びつき、日露戦争勝利の原動力になったのである。決して、日本海海戦に勝ったから、或いは、旅順を陥落させたから日本が勝利したわけではないのです。広大なロシアが極東の一部分で負けたからと言って、降伏するわけがありません。ロシア革命を実行させたからこそ、日本がユダヤからの借金で勝つことが出来たのです。中央銀行を作らない帝政ロシアに、業を煮やしたユダヤ金融財閥が、日本を、けしかけて行わせたのが日露戦争の真相です。明石大佐の工作資金は、当時の金で百万円と言われています。逆に、日本がやられてしまったのが、ゾルゲです。スターリンの密命を帯びて、ドイツ大使の秘書をしていたのが、ソ連のスパイ、ゾルゲです。ゾルゲの最大の任務は日本陸軍の動向です。日本海軍の仮想敵国は米英でしたが、日本陸軍の仮想敵国はソ連だったのです。大陸には百万の関東軍が、ノモンハンの敗北後もソ連に睨みを利かせていました。ヒトラーとの戦いを意識していたスターリンは、ここで松岡外相と日ソ不可侵条約を結びます。しかし、ソ連と言う国は過去の歴史では、条約を破ること80数回、一度取った領土は、絶対に返さない言う事実があるのです。ですから、日ソ不可侵条約と言っても、自分もそうですから日本も信用などしていません。日本がソ連を攻めてくるかどうか、それをゾルゲに託したのです。やがて独ソ戦が始まります。ゾルゲは、ここでスターリンに日本軍の石油を求めての、南進決定を伝えるのです。スターリンは、この報を聞くと手を叩いて喜び、極東のソ連軍を全部、独ソ戦に投入したのです。スターリングラードやレニングラードの雪の中の攻防戦で、ドイツ自慢のタイガー戦車が動かず、ドイツ軍は、ここで決定的な敗北を喫してしまうのである。この時、百万の関東軍が怒涛のごとくソ連に攻め込めば、雪の戦いが得意な、極東のソ連軍はヨーロッパ戦線に参戦出来ず、ドイツも勝利することが出来たと思われます。ゾルゲの南進情報によって、三国同盟側が敗れたと言っても過言ではないと思います。ゾルゲが逮捕されたのは昭和19年、外務省を通じてのスターリンの回答は、「ゾルゲ、そんな者は知らない。」とのことだったそうです。しかし、ゾルゲは今でも、ソ連の英雄であり多摩霊園に眠っています。毎月、ロシアの大使館員が墓参りに行っているはずです。・・・・・・。そんな歴史上の大物スパイに比べれば、今回の中国のスパイなど可愛いものです。国家や法を超えるのがスパイの仕事であり、それが世界中の大使館員の仕事なのです。日本はスパイ防止法などありませんから、まさにスパイ天国なのです。日本国の情報など筒抜けで、日本に居る各国のスパイは、日本で暮らしながら他国の情報を取り合っているのが実態です。ただ、気になるのは、あえて、ここで、偽造書類位の中国人スパイを、何でマスコミで大きく取り上げるのかなのです。中国政府がスパイに法破りを行わせるのは、スパイである以上、当然のことで、たとえ犯罪者であっても中国国家のために働いている人を、日本政府に引き渡すことなど、残念ながら無理だと思われます。尖閣といい、石原都知事買い取り発言といい、そして今回の中国スパイ問題といい、裏で、密命を帯びて動いているのは、日中関係悪化を意図する、CIAなのでしょうか。やはり諜報合戦が世界を動かすと言う方程式は、いつの時代も同じなのかも知れません。

|

« 片山さつき議員を脅すとは何事か | トップページ | 生活保護は国民年金と同額に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/45457471

この記事へのトラックバック一覧です: 大使館員は全員スパイなのですが:

« 片山さつき議員を脅すとは何事か | トップページ | 生活保護は国民年金と同額に »