« 党員資格停止で小沢総理誕生か | トップページ | 空白の4時間を推理してみましょう »

何で今度は検事を逮捕しないの

村木さん事件で、フロッピー改ざんの大阪地検の検事を三人逮捕したのに、何で今回の陸山会事件の偽造調書作成に携わった東京地検の検事は逮捕しないのであろうか。デュープロセスの原則が、すべて守られなければ、その事件がいかに有罪であろうとも有罪にすることは出来ないのである。少なくとも有罪とは、一人の人間を地獄の底へ突き落とす行為なのですから、捜査過程で違法な捜査が一つでもあれば、とても立件出来るものではないのです。政治資金規正法も確かに法なのですが、失礼だが少し前までは天下のザル法と言われ、どうでもいいような法律だったのです。政治資金などは大きな風呂敷を持って政治の親分のところへ誰もが貰いに行ったもので、こんなものに領収書も記載もあるわけがなかったのです。それでは、あまりにも何かと言うので、形式的に政治家自身で作ったものが政治資金規正法で、ザル法は承知の上だったのです。私が言いたいのは、記載の日付位の問題で何を大騒ぎしているのかと言うことなのです。ダルピッシュ投手の金額に比べたら小沢氏の4億円など可愛いもので、その4億円の原資は、相続家屋の売却代金の残りなのです。それを担保に銀行から金を借りて何が悪いのでしょうか。政治資金で自分の家を買ったり、借りたりした政治家は大勢いるのに、小沢氏だけが裁判とは、どうも合点がいきません。昨年だけで政治資金の収支記載の訂正は500件以上あるのに、小沢事務所だけが、それも現職の国会議員が逮捕なのですから、こんな、立ち小便して逮捕されることなど、あり得ない話なのです。他の500人以上の立ち小便は、すべて、お咎めなしなのですから、呆れてものが言えません。しかもプロである検事が二度も不起訴にしたものを正体不明の検察審査会で裁判に持ち込むなど、濡れ衣もいいところです。その濡れ衣も虚偽調書による濡れ衣なのですから、これは、濡れ衣を着せた輩を即刻逮捕するべきなのに、逮捕どころか悪党連中が再び控訴するのですから、もう本当にメチャクチャです。おまけに指定弁護士には控訴権限の条文がないのにもかかわらず、控訴したのです。こんなものは直ぐに棄却しなければなりません。気に食わない者は、何が何でも有罪にする、こんな暗黒裁判がまかり通っていいはずがありません。政治の場面で勝てなければ、闇の司法で政敵を葬る。こんなインチキが白昼堂々とまかり通る様では、必殺仕事人が次々と生まれる日本になってしまいます。

|

« 党員資格停止で小沢総理誕生か | トップページ | 空白の4時間を推理してみましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/45211366

この記事へのトラックバック一覧です: 何で今度は検事を逮捕しないの:

« 党員資格停止で小沢総理誕生か | トップページ | 空白の4時間を推理してみましょう »