« 週刊新潮・野田鶴声社 | トップページ | 前歴者を受け入れてやれる雇用社会に »

鬼塚勝也選手のグローブ

Img_3


今から20年程前でしょうか。ある方から頂いた鬼塚勝也選手のサイン入りのグローブです。何でも、その方が協栄ジムの金平会長から貰ったものだそうです。タイトルマッチではグローブは二組用意するそうで、試合で使わなかったグローブにサインしたそうです。片方には相手選手のサインもありますが、誰なのか私にはよくわかりません。ボクシングは相手を殴り倒す競技なので、あまり身体にいいとは思いませんが、腕力の強い青少年を教育するには良いスポーツかも知れません。日本でも数多くのチャンピオンが生まれましたが鬼塚選手はシャープで華麗なチャンピオンであったと思います。選手の皆さんには申し訳ありませんが、柔道もそうですが、判定勝利と言うのは見ていて面白くありません。やはり、勝負は互いの、強烈なパンチの応酬でマットに沈ませるのが、見ている方はスカッとします。テクニックが見たいなどと言う人は、一部の玄人だけで多くの人はパンチの応酬が楽しいのです。政治の方も、卑怯にも小沢選手を取り囲んでの、小手先のジャブばかりで面白くも何ともありません。小沢選手も、ここが勝負ですので、剛腕小沢の右ストレートで国民を苦しめる消費税増税など一刻も早く、マットに沈めて頂きたいと思います。

Img


Img_2

|

« 週刊新潮・野田鶴声社 | トップページ | 前歴者を受け入れてやれる雇用社会に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/45604942

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼塚勝也選手のグローブ:

« 週刊新潮・野田鶴声社 | トップページ | 前歴者を受け入れてやれる雇用社会に »