« 金正恩暗殺報道の真偽 | トップページ | 飯島氏訪朝は朝鮮総連問題 »

橋下市長は正直で結構です

Img

とかく大人の社会は複雑で煩わしいものです。68年以上も前の話に、いまだに世界から責め続けられる日本。それもこれも日本が敗戦国であり、無条件降伏のポツダム宣言が、その根底にあるからなのです。何度も言いますが、日本は現在でも米国の占領下にあり、敵国条項すら削除されていない以上、戦勝国側から見れば、日本は攻撃されても文句の言えない国家であり、いくら国連(連合国)に資金を提供してみたところで、とても、とても、常任理事国にしてもらえる訳がありません。ですから、漠然とした歴史認識などと、わけのわからないことでも反論などは許されないのです。日本の味方と言えば、大東亜戦争によって解放された東南アジア諸国やインドです。日本が侵略したと言いますが、インドは英国の植民地、フィリピンは米国の植民地、インドシナはフランスの植民地、インドネシアはオランダの植民地、この四国等が経済封鎖の包囲陣を敷き、日本を戦争に追い込んだと言うのが真相です。侵略者達に侵略呼ばわりは片腹痛いのですが、戦争に負けたのですからどうにもなりません。兵士の性欲処理の問題は、昔からあることで戦国の世でも、女性は戦場には行けないので、武将達は若い男子で性欲を処理していたはずです。日本だって、戦後は、日本女性への性犯罪を防ぐために、「女の防波堤」と言う名の、米軍相手の女性達が存在していたのは事実なのです。問題は、強制連行かどうかと言うことでしょうが、どうもこれも明確ではなく、歴史認識とは、いつの時代まで遡るのか、そのあたりのことを明確にしなければ、強い国家が女性を奪うのは、クレオパトラの頃から、あったことではないでしょうか。評論家や文化人が、テレビで、きれい事を言わなければならないことは、よくわかりますが、だからと言って、橋下市長の意見は意見として尊重するべきであると思います。結婚していても、他の女性や男性と関係を持つ人は大勢いるのですから、各国の軍としても、やたらと関係されて問題を起こされても困るはずです。橋下市長が、その辺のところを正直に話した位で、大騒ぎすることは、他国に政治的に利用されるだけのことです。

|

« 金正恩暗殺報道の真偽 | トップページ | 飯島氏訪朝は朝鮮総連問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51627768

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下市長は正直で結構です:

« 金正恩暗殺報道の真偽 | トップページ | 飯島氏訪朝は朝鮮総連問題 »