« 76歳でセクハラ、お元気ですね | トップページ | 橋下代表、何で、そんなに米国に気を使う »

中国の抗日映画は漫画ですね

一党独裁の国ですから映画製作にも規制が多く、ついつい簡単な抗日映画となるのでしょうが、内容を見る限りでは荒唐無稽な漫画ですね。日本が常に悪であり中国は常に善であるとの勧善懲悪物語で、中国版水戸黄門と言ったところでしょうか。日本人が大人しいから何も問題にならないが、日本で米国や中国や韓国を常に悪とした映画なりテレビドラマを放送していたら慰安婦どころの騒ぎではないでしょう。もっとも、日本でこんな内容を飽きずに製作や放送をしたところで、客は入らず視聴率など上がらないでしょうから、実現するわけもありません。何だか江沢民氏が奨励されたようですが、江沢民氏はブッシュ家とも仲良しで日本が嫌いな中国の指導者の様です。習近平氏は、この江沢民氏のグループですから以前の様な日中関係は難しいかも知れません。でも、いずれ日本が好きな中国の指導者も現れるでしょうから、日本も、そう一々、目くじらを立てることはありません。日本の文化も歴史も、中国に一番影響を受けて来たのですから、建国の歴史が浅い米国が何と言おうと、日中が敵対しあってはいけません。とにかく、米国が嫌がることは米軍基地の問題と中国との友好にあるわけですから、日本に、もう少し力がつくまで、安倍総理も、この虎の尾を踏んではいけません。心の中では、村山談話や河野談話など、ふざけるなと思われておられるでしょうが、そこはあくまで大人の外交でポーカーフェイスの、お恍けでいいと思います。中国に行かれて抗日映画を鑑賞されたら、素晴らしい映画でしたと絶賛して差し上げればいいと思います。何故なら、それは漫画なのですから。日本で反中、反韓の過激な発言をされている日本人の皆さんは、あっと驚く工作員もどきの方が多いことを見落としてはなりません。有名な人がおられるのも事実です。真の愛国者は、皆さん冷静な方々ばかりです。

|

« 76歳でセクハラ、お元気ですね | トップページ | 橋下代表、何で、そんなに米国に気を使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51790324

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の抗日映画は漫画ですね:

» 暴走マンガ:高考後に報道されそうな事 [九州男児的北京交流部]
個人的に気に入っとる中国マンガ「爆走漫画シリーズ」より高考の次の日辺りに中国大手新聞が報道しそーな内容をパロったもの。ピリっとしておもろいやろ?関連→中国高考が始まるtwi... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 21時43分

« 76歳でセクハラ、お元気ですね | トップページ | 橋下代表、何で、そんなに米国に気を使う »