« 日馬富士どうした | トップページ | ここは橋下代表を、あえて擁護する »

北朝鮮に又騙されたか

1兆4千億円の朝銀投入資金がパーになり、損ばかりさせられている日本。朝鮮総連本部の没収で送金元がなくなり、困った北朝鮮が、なりふり構わず日本に助けを求めてきたのが、今回の飯島氏の訪朝。本当なら、困っている北朝鮮の方から日本に表敬訪問に来るべきものなのである。それを、秘密裏どころか案の定、こちらから、のこのこ行った、飯島氏の困惑している姿を世界に放映されてしまった。日本側にあるのが、いつもの拉致問題に対するスケベ根性であるが、これで北朝鮮に対する強硬姿勢などサラサラないことが、すっかりバレてしまった。金永南ナンバー2が出てきたと言うことは、飯島氏は北朝鮮の要求をすっかり飲んでしまったと言うことであろう。飯島氏に北朝鮮に対する日本国側からの決定権がまかされているはずはなく、飯島氏が帰国後に又、ドタバタが起きると思われる。金永南氏が、この会談、あるいは事務方サイドから、拉致被害者の名前を挙げて、誰と誰と誰を帰すと飯島氏に確約したのならば、朝鮮総連の競売中止も、やぶさかではないが、いつもの再調査などでは、どうにもならない。北朝鮮側は経済を含めて、明らかに困っているのであり、ここは、安倍総理が尻尾を振って、わざわざ北朝鮮に行くのではなく、むしろ、金正恩が訪日するべき筋合いのものなのである。メッセンジャーボーイが相手の言いなりになって帰ってくるだけなら、私だって金永南に会う自信はある。どうも、又、北朝鮮に騙された様な気がしてならない。たとえ秘密会談であっても、日本政府の要人は二人以上で行かねばならない。以前は、北朝鮮に行くなら、すべて日帰りで弁当持参で行ったはずである。飯島氏は北朝鮮の工作員ではないのですから、こんな大事なことを飯島氏一人に任せて、北朝鮮に行かせること自体が危険なことであり、飛んで火に入る夏の虫とは、このことを言うのではないでしょうか。

|

« 日馬富士どうした | トップページ | ここは橋下代表を、あえて擁護する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51661116

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮に又騙されたか:

« 日馬富士どうした | トップページ | ここは橋下代表を、あえて擁護する »