« 若い人のアルツハイマーはヤコブ病ですか | トップページ | 衆参ダブル選挙で三分の二確保のチャンス »

憲法改正はフリーメーソンの要求

政治家達が先頭に立って、憲法改正を選挙の争点にするのですから日本国民もビックリである。憲法改正についての国民的盛り上がりなど、どこにもないのに、勝手にフリーメーソンからの要請があったからと言って、自作自演のインチキ芝居で国民を騙すのは、もういい加減に止めて頂きたい。今の憲法が、フリーメーソン憲法で改正しなければならないことは当然なのですが、それは、あくまで日本国民の盛り上がりの中で行われるべきであり、集団的自衛権実現のために、つまり米国、米軍の都合で憲法を改正してはならないのです。米国を狙ったミサイルを日本が撃ち落とせば、次は日本にミサイルが撃ち込まれるのは明らかなことなのです。よく考えてみて下さい。戦後68年、日本には今だに、信じられない数の在日米軍が居り、莫大な保険料(用心棒代)が支払われているのです。日本国民は日米安保とは、日本を米国が守ってくれることと思っているのです。だから日本は、世界の戦争に巻き込まれることなく、そのためには強大な在日米軍の存在も致し方ないかとの思いだったのです。どうせ、米国は日本の核武装も許してくれないであろうし、占領憲法も改正させてもらえないだろうと言うのが国民の本音だったのです。それがどうしたわけか、石原都知事が尖閣諸島を東京都で買うと言いだしたり、安倍総理が戦車に乗ったり、背番号96番をつけたり、どうも政治家達の動きが尋常ではありません。中国や韓国のフリーメーソンの息のかかった皆さんも、68年以上前の慰安婦だとか、よその国の良心の自由に文句を言ったりして、無理に仲たがいを作ろうとしている労苦には、むしろ失笑してしまう。国民が見誤ってはならないのは、愛国者には、本当の愛国者と、フリーメーソンの走狗となっている似非愛国者の二つがあると言うことなのです。本当の愛国者は、憲法改正をするなら堂々と選挙で三分の二の議席を確保し、国民に訴えるはずであり、集団的自衛権確保の、憲法改正のための、条文改正など、姑息なことはしないはずです。しかも急に又、何なのだと、誰でも思います。一体、何方に催促されているのだと首も傾げたくなります。・・・・・・・。それでは、答えは何なのでしょうか。それは、アジアは団結させない。できれば、日本と中国を再び戦争させたいと言う、フリーメーソンの世界戦略にあるのです。そんな似非愛国者の主張を信じてはいけません。憲法改正をするなら進駐軍が去り、日米地位協定がなくなってからでなければ、本当の憲法改正にはなりませんし、日本の独立もないのです。国民に憲法の歴史的経緯や政治的事実を詳しく知らせないで、憲法改正の判断のみをさせようとすることに民主主義の美名の下の嘘があるのです。多くのの国民は、大手マスコミの報道のみを、すぐに信じてしまうのです。世論とは、いつの時代も作り出せるものなのです。・・・・・・・。本当の愛国者の皆様の健闘を祈ります。頑張って頂きたいと思います。私も頑張ります。

|

« 若い人のアルツハイマーはヤコブ病ですか | トップページ | 衆参ダブル選挙で三分の二確保のチャンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51582094

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改正はフリーメーソンの要求:

« 若い人のアルツハイマーはヤコブ病ですか | トップページ | 衆参ダブル選挙で三分の二確保のチャンス »