« 西村眞悟議員を除名とは、一体どうしたの | トップページ | ギャップイヤー、何を呑気なことを »

飯島氏訪朝後のミサイル発射の謎

TPPの反応の悪さからか、最近韓国と組んで日本を苛めようとする、僅か1%のユダヤ金融財閥に牛耳られている米国。実は、米国国民も、彼らに所得税の全てを奪われている被害者だとは普通の世界の人は誰も知らない。日米地位協定が存在する限り、日本の独立などはあり得ず、橋下氏の沖縄米軍、風俗利用発言なども、程度の低い冗談にもならず、そんなもので日本が占領下から抜け出せるものでもなく、沖縄県民の痛みや苦しみが解消されるものでもない。・・・・・・・。米、韓、日、中による北朝鮮ミサイル包囲網とは、よく聞く言葉ではあるが、これも不思議な話で、何も経済的疲弊で脱北者まで続出している北朝鮮一国に世界最強の米軍が何を手こずっているのかと言うことなのである。イラクにしろリビアにしろ簡単に葬った米軍でありNATO軍のはずである。誠に失礼かも知れないが、米国が日本の本当の同盟国ならば、拉致問題など米国の軍事力を持ってすれば容易に解決できるはずである。痺れを切らした安倍総理が拉致問題に対して、米国頼りにならずと朝鮮総連競売に困った、北朝鮮の誘いに乗って、飯島氏を訪朝させた気持ちも、わからないではないが、報道を見る限り、残念ながら、今回も北朝鮮の方が役者が一枚上であったと思われる。そして飯島氏帰国後のミサイル発射。これには、はたして、どんな読みをすればよいかと一瞬、迷うところであるが、日本や韓国に対する恫喝か、あるいはミサイル販売の営業目的か、正直よくわからないところである。この発射は、米国に届くミサイルではないにしても、ミサイル包囲網にもかかわらず発射したわけですから、包囲網の関係国は怒りや、報復の動きがありそうなのに、そんなものはどこにもない。不思議なことである。中国との連携で日本の自主を模索して潰された田中総理。安倍総理が北朝鮮との友好で自主路線を模索しているとは思わないが、このミサイルを撃たせているのが、実際に北朝鮮を動かしている米国の1%の皆さんだとすると、拉致問題の闇も深い。

|

« 西村眞悟議員を除名とは、一体どうしたの | トップページ | ギャップイヤー、何を呑気なことを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51703493

この記事へのトラックバック一覧です: 飯島氏訪朝後のミサイル発射の謎:

« 西村眞悟議員を除名とは、一体どうしたの | トップページ | ギャップイヤー、何を呑気なことを »