« 中国の抗日映画は漫画ですね | トップページ | 維新の会も終わったな »

橋下代表、何で、そんなに米国に気を使う

戦後、米兵相手の日本人のパンパンガールは15万人、この皆さん達が「女の防波堤」として進駐軍の性欲から一般の日本女性を守ったのである。風俗業と曖昧な言葉で沖縄米軍のセックス処理を本番なしで満たすことなど出来はしない。風俗嬢との自由恋愛なる文言で何とか逃げようとしたのであろうが、その真実は誰もが口には出せない売春である。沖縄女性を守ろうとした、その意図はわかるが、他の発言は撤回しないのに風俗業だけ撤回するとは、これでは沖縄米軍のセックス処理の打開策が何もないことになり、橋下代表の慰安婦論なるものも総論だけで終わってしまう。総論はどの分野でも、どこまで行っても総論は総論で具体的なものは何もなく所詮、水掛け論でどうなるものでもない。橋下氏も、やはり米国が怖いのか終始、日米同盟が基軸と、民主党や自民党と同じことを言っている様では、維新の会は、どこが違うのと国民は首を捻る。維新の会が、日本の自主を目指しているのであれば、地位協定一つを取って見ても、どうしても、今までの日米同盟なるものでは、亀裂が生じるはずであり、在日米軍の移転、縮小の話になるはずである。それを橋下代表は、日本のペンタゴン勢力と同じように、在日米軍には感謝してますでは、おい、おい、どうしたんだよ、と普通の国民は思う。しかも、橋下代表は、先の大東亜戦争は、日本の侵略だと言われるのですから、一体、どこの国の政治家なんだと耳を疑りたくなる。男、亀井静香先生の様に、俺の風俗業発言が気に食わなければ、CIAでも何でも使って、俺を暗殺しろ、位のことを、おっしゃって頂かなければ、国民からの拍手も起きませんし、ましてや維新の会が選挙で勝てるわけもありません。男が一度、口にした発言を撤回するようでは、その時点で、男ではなくなってしまうのです。

|

« 中国の抗日映画は漫画ですね | トップページ | 維新の会も終わったな »

コメント

従軍慰安婦問題、竹島・尖閣などの領土問題、日本海呼称問題、日本文化起源捏造問題などを英語や仏蘭西語などの多言語の動画という形で日本の主張を世界に発信し日本の名誉回復を目指すWJFプロジェクトをご支援ください。日本国民の生活と日本国の伝統文化を破壊するTPPの危険性を解説する動画もございます。沖縄の分離独立を促進し、中国併合への道筋を整え、日本の国家解体につながる道州制に反対します。

従軍慰安婦の真実を世界に知らせる動画は近々完成いたしますので、ぜひご覧ください。

WJFプロジェクト
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: WJFプロジェクトの支持者 | 2013年6月 4日 (火) 18時00分

どこから拾ってきたデータかはしらねえけど15万人はさすがにねえだろ(笑)

投稿: 在日特権 | 2013年7月14日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51801187

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下代表、何で、そんなに米国に気を使う:

« 中国の抗日映画は漫画ですね | トップページ | 維新の会も終わったな »