« 北朝鮮に又騙されたか | トップページ | 西村眞悟議員を除名とは、一体どうしたの »

ここは橋下代表を、あえて擁護する

私は元来、橋下氏は好きではないが、ここは、あえて義によって助太刀をする。マスコミはしっかりと事実を伝え、日本の政治家、評論家、文化人等は、いい子ヅラするなと言いたい。橋下氏は慰安婦制度が、いいと言っているのではない。むしろ、いけないことだと言っているのである。橋下氏が言っているのは、慰安婦の問題を何故、日本ばかりが責められ続けられるのかと言っているのである。戦後68年、いつまで日本は敗戦国の自虐的歴史観を引きづらされるのかと言うことなのである。世界の歴史的事実として、戦場での兵士の性の処理は生理的必要悪であり、他国の女性が、その対象とされてしまったことは、何も日本ばかりの責任でもあるまい。戦後の日本だって、米兵相手の日本女性は15万人は居たはずである。それは自由恋愛と名前は変えても、とても結婚を目的としたものではなく、単なる性の処理であったはずである。西村眞吾議員が、どこにでも見られる自由恋愛の同じ内容の現実を正直に話した位で、処分される様では、これからは真実は誰も語れなくなる。性欲も人間の欲望であり、わかりやすく言えば下半身は人格を忘れさせてしまうものなのである。だから性犯罪は、いつの世もなくならない。それをきれい事で済ませようとしている卑怯な連中の何と多いことか。そして日本の慰安婦だけを問題視する、この世界の動きが橋下氏には許せなかったのであろう。日本人の立場に立てば当然である。靖国神社もそうだが、この慰安婦問題なるものも、いつまでも反日勢力の政治的カードに利用させてはならない。橋下氏の発言が正論なのです。

|

« 北朝鮮に又騙されたか | トップページ | 西村眞悟議員を除名とは、一体どうしたの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51669013

この記事へのトラックバック一覧です: ここは橋下代表を、あえて擁護する:

« 北朝鮮に又騙されたか | トップページ | 西村眞悟議員を除名とは、一体どうしたの »