« 憲法改正はフリーメーソンの要求 | トップページ | 沖縄が中国の属国なら日本は米国の属国 »

衆参ダブル選挙で三分の二確保のチャンス

民主党は、私の予測したとおり、小沢代表を排除し消費税などに賛成するから、見ての通りの大惨敗を喫し、政権を失うどころか消滅の危機を迎えている。すべての責任は、大惨敗することがわかっていたのに衆議院を解散した、判断力のまったくない野田前総理にあったのだが、おそらくは次の選挙で民主党も、それこそ議席は一ケタになると思われる。国民は民主党が、まさか自民党清和会以上に、米国に隷属するとは思わなかったはずである。だから、民主党に政権を与え、小沢総理で政治主導による予算の組み替えで、増税などあり得ないと思ったのである。そして、沖縄基地問題やTPPに対しても米国と互角に渡り合ってもらい、日本国民の生活を必ず守ってくれると信じたのである。だから民主党は大勝したのである。それを民主党自身が、CIAの工作活動に同調し、小沢氏の政治生命を断とうとしたのですから天罰が下るのは当然だったのです。もう二度と、民主党は政権復帰どころか、残されている道は解党か消滅しかないと思われます。まさに、ここは自民党としても絶好のチャンスです。衆議院小選挙区での振り子の原理は、まだ生きています。参議院で自民党が圧勝することは目に見えていますが、ミスミス最大のチャンスを逃がすことはありません。ここは、衆参のダブル選挙です。公明党との連立もここらあたりが解消の時です。所詮、靖国神社に参拝されない公明党との憲法論議には限界があります。ここは安倍総理、一気呵成に勝負に出て三分の二を確保することです。それが憲法改正の王道なのです。敵は本能寺にあり、「時は今、雨がしたしる、五月かな」です。しかし、作戦は隠密裏に。

間違っても安倍総理が明智光秀の様に返り討ちにあってはなりません。どうか、祖父の岸総理が目指していた、日米地位協定の撤廃による、日本の真の独立を目指して頂きたいと思います。

|

« 憲法改正はフリーメーソンの要求 | トップページ | 沖縄が中国の属国なら日本は米国の属国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51598452

この記事へのトラックバック一覧です: 衆参ダブル選挙で三分の二確保のチャンス:

« 憲法改正はフリーメーソンの要求 | トップページ | 沖縄が中国の属国なら日本は米国の属国 »