« 安倍総理消費税など上げてはいけませんよ | トップページ | 原爆が天罰なら米国は神様か »

橋下代表はやはりタレントか

橋下代表は、政治家ではなくタレント。除名された西村議員の週刊誌での弁である。橋下氏が弁護士タレントとして、テレビ出演を支援したのがデーブ、スペクター氏。デーブさんには信じられない程の力があるが、その背景には何があるのか、そのあたりのことは推測の通りであろう。維新の会も石原代表と橋下代表とでは「侵略」の認識が異なる。歴史認識がまったく違う政治家達が単なる当選目的だけ集まるから、最後はこんなことになる。時代の寵児も所詮は時代の寵児で、風が変われば寵児ではなくなる。もう橋下人気も落ち目の三度笠である。みんなの党から三行半をつきつけられては、選挙を前にして敵前逃亡する議員が出てきても不思議ではない。人気回復のための慰安婦発言が、逆に裏目に出てしまい維新の会も風前の灯である。過激な発言や思いつき発言を見るにつけ、橋下代表は、政治家の感覚ではなくタレントの感覚の様に見える。それと、やたらと弁解や説明が多いものだから、つい話にボロがでる。口先三寸で済むのは、落語の世界だけである。その意味でも橋下氏は芸人てある。もう政治家は引退したが良い。自分の親とも思える様な西村議員を除名するのですから、もはやこれまでである。タレント弁護士として活躍していた橋下氏、政治家よりタレントの方が適任である。

|

« 安倍総理消費税など上げてはいけませんよ | トップページ | 原爆が天罰なら米国は神様か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51748613

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下代表はやはりタレントか:

« 安倍総理消費税など上げてはいけませんよ | トップページ | 原爆が天罰なら米国は神様か »