« 総連本部再入札か | トップページ | 憲法改正はフリーメーソンの要求 »

若い人のアルツハイマーはヤコブ病ですか

私の父も最後は、痴呆(認知症)になりましたが、原因は脳血栓からでした。アルツハイマーからの認知症ではありません。考えてみれば、昔は、若い人が痴呆になるなんてことは聞いたことがありません。脳が委縮すると言われてみても何のことなのか、よくわかりません。どうも見ている感じでは、アルツハイマーとヤコブ病、そして狂牛病は同じ症状に見えて仕方がありません。そう言われてみると、狂牛病だのエイズだの鳥インフルエンザなど最近の病気で、何でこんなに色々と得体の知れない病気が流行するのだと首を傾げたくなる。日本の食品が安全なのは、規制がしっかりとしていて、肥料にしろ餌にしろ農薬にしろ安全管理が万全なのである。ところが正直、外国物は何が何だか、よくわからないと言うのが日本国民の本音です。安かろう、悪かろうで済む程度なら、別に怖くも何ともないが、食料問題は、悪かろう、安かろうばかりでなく、死ぬだろうも考えられるのです。外国の牛が、どんな餌を食べているのかも、よくわかりません。妄想や小説の世界かも知れませんが、ヤコブ病で死んだ人が含まれている餌を食べての狂牛病、そして、その狂牛病の牛の肉を食べての、今度は人間がヤコブ病、ところが、ヤコブ病とも発表も出来ないので、苦肉の策としての新病名がアルツハイマーか。まさに、あっと驚く、こんな推論が成り立っても不思議ではないのかも知れない。そして、それが、若年性認知症の正体なのであろうか。魑魅魍魎の伏魔殿の世界は、お釈迦様でもわからない。

|

« 総連本部再入札か | トップページ | 憲法改正はフリーメーソンの要求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51570789

この記事へのトラックバック一覧です: 若い人のアルツハイマーはヤコブ病ですか:

« 総連本部再入札か | トップページ | 憲法改正はフリーメーソンの要求 »