« オスプレイの訓練を何で又大阪で | トップページ | 野中氏の尖閣棚上げでいいのです »

拉致被害者868名

警察庁発表の拉致の可能性のある日本人被害者は868名と聞いて、政府認定の17名との数の開きには思わず愕然とするものがある。日本海における海難事故は拉致の可能性があり、若い人は北朝鮮に拉致され、中年以降の日本人は殺されて海の藻屑となったとの元北朝鮮工作員の証言だそうな。仮に、これを日本と北朝鮮の友好を阻む、韓国の策謀だとしても、868名の数字は尋常ではない。これだけの数に近いものが事実だとすると、北朝鮮は、何が何でも、拉致問題は解決済みとせざるを得ないはずである。何故なら、おそらくは相当な数の日本人を殺害していると思われるからである。一人でも殺害していることを白日の下に晒すことになれば、単に拉致したでは済まないことになるからである。よく考えれば、拉致と言う罪名は存在せず、本来なら暴行、脅迫を用いての略取誘拐罪のはずである。これが国家を介しているところから、政治的判断で拉致などと、わけのわからない名称でごまかしていると言うのが真実である。日本国の主権を侵されているのですから当然、戦争になっても仕方のないことで、もし、これで米国人が集団で北朝鮮に略取誘拐されたとなると、極東の米軍は総力を挙げて同胞奪還の軍事行動を起こすはずである。何を呑気にオスプレイの飛行訓練などをやっている余裕があるのなら、868名の日本人救出のための軍事行動を米国は起こしてくれないのか不思議でならない。何のための日米安保か、何のための沖縄基地か、あるいは在日米軍なのか、張り子のトラにも程がある。米軍が日本人女性に悪戯する隙があるのなら全員で、北朝鮮に雪崩れ込めと言いたい。飯島氏が朝鮮総連存続の泣き言を聞きに、わざわざ行っても、この868名の数字に近いものが事実だとすると、犯罪隠ぺいのために北朝鮮は、拉致問題は解決済みを繰り返すばかりであろう。生きている日本人を送り返すことにより、事件の全貌が明らかになることを恐れるのは、何も北朝鮮ばかりの話ではなく、全ての犯罪者に当てはまる共通の認識だからである。

|

« オスプレイの訓練を何で又大阪で | トップページ | 野中氏の尖閣棚上げでいいのです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51894903

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致被害者868名:

« オスプレイの訓練を何で又大阪で | トップページ | 野中氏の尖閣棚上げでいいのです »