« 官邸の幽霊は栗原中尉 | トップページ | 拉致被害者868名 »

オスプレイの訓練を何で又大阪で

不用意な風俗業活用発言で、米国から青くなるほど恫喝されたと思われる橋本代表。米国訪問も中止となり、キャンセル料返還請求まで住民から起こされる始末。最近までの蝶よ花よと、もてはやされた風雲児も、今では痛風児になってしまったとの感がある。何とか名誉挽回と思われたのかどうかは知らないが、またまた突然の大阪でのオスプレイ訓練発言。これを大阪府知事に発言させる、いつもの手法に驚いたのは大阪府民であろう。フリーメーソン、グラバーのメッセンジャーボーイの龍馬ではあったが、それでも日本のためを思い、グラバーを裏切り、薩長や幕府を相手に薩長同盟や大政奉還をさせた行動力は見事だった。それを思うと、橋下代表は、結局、米国と渡り合うどころか、米国の言いなりであった。龍馬なら風俗業活用発言は撤回しなかったはずである。裏を返すと、橋下維新の会なるものは、最初から小泉別働隊で米国筋が作り出したもの。このオスプレイ大阪訓練話で、すべてバレてしまった。生みの親である米国筋に、ひれ伏すことで何とか、生き残りを図ろうとする橋下維新の会に、もはや維新を名乗る資格もなくなってしまっている様な気がする。しかし、中途半端は逆に大阪人から反感を買うような気がする。どうせ米国にゴマをするなら沖縄の米軍基地を大阪に持ってくる位のことを言わなければなるまい。風俗店なら大阪の方が多いでしょうから。

|

« 官邸の幽霊は栗原中尉 | トップページ | 拉致被害者868名 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51880500

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイの訓練を何で又大阪で:

« 官邸の幽霊は栗原中尉 | トップページ | 拉致被害者868名 »