« 拉致被害者868名 | トップページ | NHK番組、サイバー攻撃、防ぐのは無理 »

野中氏の尖閣棚上げでいいのです

尖閣諸島は日本の領土であることは中国も内心ではわかっていることなのです。もし中国の領土であるのなら昭和20年8月15日以降、竹島の様に中国軍が足を踏み入れているはずです。今の日本人は戦後の日本は米国に助けてもらったと勘違いをさせられている様ですが、日本分割統治に反対してくれたのは蒋介石であり、感謝するなら蒋介石に感謝するべきなのです。残念ながら、日本が無条件降伏したポツダム宣言は、全ての過去の条約の上をいくものであり、これを持ちだされては、北方領土もロシアのものと言われても仕方がないことなのです。だから、二島返還であり、尖閣棚上げなのです。この外交姿勢で、ロシアや中国と互いに刺激し合わずに、うまくやって行こうと言うのが、野中発言の主旨だと思われます。それを、わざわざ中国が驚く様に石原前都知事が尖閣を東京都で買うと言いだす始末ですから、中国が身構えるのも無理もありません。田中、周恩来会談で、尖閣棚上げで決まっていたのですから、官房長官の説明が逆に嘘となってしまいました。二島返還の動きに反対したのは、誰あろう、一%のユダヤ人に牛耳られている米国。尖閣も棚上げで円満な日中関係が維持出来ると思われた矢先の、石原氏等の激烈な反中国の意図的と思われる藪蛇発言。しかし、こんな手に日本は乗ってはいけません。尖閣も、北方領土も、日中、そして日ロ友好の手段となるのです。先人が、苦労に苦労を重ねて作り上げた尖閣棚上げ論、それをいとも簡単に国際金融財閥の謀略の罠にはまってはならないのです。棚上げとは事実上、日本の勝利、そんな有難い話にめくじらを立てているのは、米国のゴッドファーザーの走狗に落ちぶれてしまった、日本の工作員達ばかりなのです。

|

« 拉致被害者868名 | トップページ | NHK番組、サイバー攻撃、防ぐのは無理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/51911309

この記事へのトラックバック一覧です: 野中氏の尖閣棚上げでいいのです:

« 拉致被害者868名 | トップページ | NHK番組、サイバー攻撃、防ぐのは無理 »