« 若返りと健康維持とは違うのでは | トップページ | 送り盆をしました »

薬物使用はなくならない

勝負の世界は勝たなければ評価してらえない。もはやオリンピック精神は形骸化しており参加するだけでは許されなくなっている。勝つと負けるとでは天国と地獄で、どんな世界でも負けると生活そのものが追い込まれることになる。成績を残せば年収も増え、マスコミでもチヤホヤされ、数千万、数億の広告宣伝の仕事も入ってくる。まさに死活問題となる。体力勝負のスポーツの世界では、即効性のある筋肉増強剤を使えば、たとえ10年寿命が縮まっても、危険を承知の上で使用する。おそらくは、今回の陸上選手の薬物疑惑も氷山の一角で、見つからない多くのスポーツ選手たちは戦々恐々としているはずである。体力勝負の皆さんで、負ければ明日から生きてゆけないと思っている人は、生きるためには薬物を内緒で使い続けるはずである。それならそれで、薬物使用を自由にしたらどうかと思う。元々素質のある人たちが使うのですから、そこそこの記録はでるはずです。寿命が縮まろうと突然死しようと自己責任、記録の勝負に生きなければならないのですから、責任論も酷のような気がします。麻薬や覚せい剤はいけませんが、筋肉増強剤を全員が自由に使えることにしてあげれば、逆に見ている方も、記録の疑惑に惑わされることなく、スッキリしていいのではないかと思う。

|

« 若返りと健康維持とは違うのでは | トップページ | 送り盆をしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/52469324

この記事へのトラックバック一覧です: 薬物使用はなくならない:

« 若返りと健康維持とは違うのでは | トップページ | 送り盆をしました »