« 憲法改正は在日米軍基地がなくなってから | トップページ | 若返りと健康維持とは違うのでは »

記名入り投票用紙の必要性

選挙は公正なものであるが、それをより公正なものにするためには投票者の筆跡鑑定が可能となる個人記名入りの投票用紙にするべきではないでしょうか。日本の選挙で不正があるとは思いたくもないが、何があっても可笑しくない今の時代、期日前投票の簡単な南京錠一つの投票箱を見ても、本当にこれで大丈夫なのと、多くの国民も感じているはずである。まして、投票した先のことは、まったくの他人任せで、テレビの当落発表を見て、あぁ、そうなのと思う程度の話。それは手書きの方が、機械ボタンによる投票よりも安全ではあるが、出来れば票の集計も機械に読ませるのではなく、いくら時間がかかっても手作業でやるべきではないでしょうか。私も昔、地方選挙に、二度出ましたが、最初の選挙は午前11時00分の二千票で、票が止まり、その後、一票も出ず、6時間経って選管から残票が99票でしたとの連絡。自分でも全投票数の一%にも満たない落選にビックリしたが、すでに後の祭り。それでも歯を食いしばり、五年間事務所を借り続け、二度目の挑戦。しかし、今度は、他の候補者は五千票を超えている人が、ゾロゾロ出ているのに、私は午前11時を過ぎているのに、0票のまま。思い余って、選管に電話を入れると「今、調整中です。」との返事。一瞬、頭に血が上ったが、怒りを抑えて、票の催促をすると、12時近くなって、やっと二千五百の票が出たが、これも当選ラインが三千票以上と、わかってからのもので後の祭り。私自身としては、応援して頂いた皆様に申し訳ないと思う気持ちで一杯でした。自分としては、通算で秘書も含めて、8年余の政治活動、落選してから四年間、毎日、11箇所の駅頭に立って、四百票しか増えないのが不思議でなりませんでしたが、結果論ですからどうにもなりません。それでも、せめて、どなたが私に投票して下さったのか、そのお礼の、ご挨拶がしたいと思うのは自然なことなのではないでしょうか。そのためにも、投票者のわかる投票用紙にして頂きたいと思います。

|

« 憲法改正は在日米軍基地がなくなってから | トップページ | 若返りと健康維持とは違うのでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/52455335

この記事へのトラックバック一覧です: 記名入り投票用紙の必要性:

« 憲法改正は在日米軍基地がなくなってから | トップページ | 若返りと健康維持とは違うのでは »