« 夏の夜の怪談話 | トップページ | 朱建栄教授が行方不明とは »

8月15日の靖国神社は多くの国民が静かに参拝出来ることを望みます

今年も終戦の日に靖国神社にお参りをさせて頂きました。しかし、8月15日の、お参りで思うことは、最近は、どうも靖国神社が喧騒の渦になっているとしか思えません。8月15日は、特に多くの国民が、英霊の皆様に感謝の手を合わせることが、九段坂を上る目的であり、あらゆる政治的な動きを目的とする場所ではないはずです。具体的な事を言わせてもらえば、九段の駅を降りて地上に出ると直ぐに、多くの団体が、ビラ配りや、署名活動をしていて思うように歩くこともできません。機動隊の皆さんも、この暑いのにヘルメット姿の完全装備でご苦労の限りです。警察車両も右翼車両の規制のためか付近の道路に満ち溢れ、車で靖国神社に参拝に来られた方は、駐車場などあろうはずもない。そして、やっと鳥居をくぐると、今度は、境内でもテントを張って、マイクを使っての政治集会の様なものが行われている。もちろん愛国心の発露としての政治集会ではあろうが、よく考えて頂きたいのは、この季節、日本はお盆なのです。お盆とは、静かな時を過ごすことなのではないでしょうか。そんなことも、おかまいなしで、皆で靖国神社を参拝する会の政治家の皆様も、日頃から努めて参拝にいらしておられれば何も、報道陣が多いからと言って、大挙して来られなくてもいいのではないでしょうか。年に3回程、お参りに来るぐらいでは、パフォーマンスは結構ですと、英霊の皆様に笑われる。総理も、年に、それ位しか行かれないから、つまらないことを言われるわけで、毎朝、365日、お参りしていれば、それは日常生活となるので、つまらないことなど誰も言わなくなるのです。それと、お参りに来られる人達の服装なのですが、もちろん自由で結構だとは思うのですが、英霊が祀られておられるところなのですから、数多くの異様な服装の集団が闊歩しているのも、とても暑苦しく感じます。思想信条の自由、結社の自由、政治活動の自由は、よくわかりますが、それは8月15日の一極集中ではなく、バランスよく平日にやってもらいたいと思います。とにかく、8月15日は喧騒の日にさせるのではなく、日本国民が、挙って、心静かに靖国神社で手を合わせられる日にしたいと願う次第です。

|

« 夏の夜の怪談話 | トップページ | 朱建栄教授が行方不明とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/52895374

この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日の靖国神社は多くの国民が静かに参拝出来ることを望みます:

« 夏の夜の怪談話 | トップページ | 朱建栄教授が行方不明とは »