« 藤圭子さん葬儀なしの火葬ですか | トップページ | 世界の権力者達は、今度はシリアを攻撃か »

消費税、幽死鬼者会議

政治家の最も重要な仕事は、国民を苦しめる税金を、如何に取らずに国を運営するかにある。日本国民は、すでに数々の税金を取られ、消費税などと言うものは、つい最近までは、日本には無かった税金である。それを高齢化社会の福祉、そして年金のために消費税増税は、やむなし、との嘘八百で国民を何とか騙そうとしても、もうこれ以上、国民は騙されない。だから消費税増税に反対の国民が圧倒的なのである。有識者会議なるものも、消費税増税に賛成する輩ばかりを、最初から多く集めておいて、意見を述べさせることなど、こんなものは有識者会議でも何でもなく、それこそ、国民を地獄に突き落とす、幽死鬼者会議である。国民を苦しめる、売国者達は、口を開けば消費税増税をしなければ、国際的な信用にかかわるとか、円安が進むとか、そんなマネーゲームの話など、これ以上、税金を払うことが出来ない、国民にとっては、どうでもいいことなのである。赤字会社が日本を支配している社会で、法人税減税に何の意味があると言うのか。1000兆円の借金と言うが、その主要な借金は、戦後から、いまだに買い続けさせられている米国債。政府が命を張って、米国債を売却することが出来るならば、日本国民も、こんなに苦しまずに済むのである。本当は、他国の借金対策に日本国民が貧困化していると言うのが真相である。有識者会議と言うのなら、年収200万円以下の多くの国民の中から有識者を選ぶべきである。高価な背広や、洋服を着て、おまけに冷房完備の空間の中で、消費税増税など、痛くもかゆくも無い、恵まれた生活している皆さんに、国民生活を語る資格があるとは思えない。この論理は集団的自衛権にも言えることで、戦争などに行かずに済む年齢の皆様に、米国の傭兵となる集団的自衛権を論議すること自体が筋違いである。多くの善良な弱者である国民を苦しめてはならない。政治家も、消費税増税を、もし真剣に語ろうとするなら、歳費は、年収200万円とし、賃貸アパートに住み、電車や自転車を使って、議会に向かい、国民のために生きる、大塩平八郎や佐倉惣五郎の様な行動をしなければならない。

|

« 藤圭子さん葬儀なしの火葬ですか | トップページ | 世界の権力者達は、今度はシリアを攻撃か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/53044706

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税、幽死鬼者会議:

« 藤圭子さん葬儀なしの火葬ですか | トップページ | 世界の権力者達は、今度はシリアを攻撃か »