« 世界の権力者達は、今度はシリアを攻撃か | トップページ | プロ野球ベストナインに現役を入れてはダメよ »

イスラエルを守るのも大変ですね

エジプトの親米ムバラク政権が倒されて、イスラエルの中東での孤立化は深まるばかり。イスラム包囲網の中でイスラエルが生き延びるためには、欧米のユダヤ勢力に頼るしかない。エジプトも大統領を軍事力で引き摺り下ろしてみたものの、民主的方法ではないため混乱は収まりそうも無い。そして、今度はシリアである。イスラエルにとっては有難いシリアの反体制派が政府軍に押されて劣勢となり、反体制派の拠点、ホムスが政府軍の手に落ちたとのこと。このままではシリアの反政府勢力は一掃され、イスラエルに味方する勢力が次々と消え去ることになる。イスラエルを守るためには、ここは軍事介入しか、もはや方法は無いと判断したのであろう。しかし、他国の内戦に軍事介入するには、やはり大義名分が必要となる。それが化学兵器の使用と言うことなったのであると思われる。シリア政府は、化学兵器はテロリスト側が使用したと発表しているが、これが正しいとなると、欧米の軍事介入は大義名分を失うことになる。国連で、未だに敵国条項が削除されていない日本になら、誰に断ることもなく、どこの国でも日本を自由に攻撃することが出来るが、シリアは、そうはいかない。国連安保理の常任理事国であるロシアがシリア攻撃に反対すれば、攻撃の正当性は失われる。安倍総理は日本の戦勝国である米国の手前、アサド政権を批判しましたが、本心は困っておられるはずである。それでも、世界の権力者達の力が強く、オバマ大統領がシリア攻撃を開始すれば、最悪の場合、それこそ集団的自衛権の恐ろしい現実が待っているのではなかろうか。日本の青年が中東で戦死をして、袋に入れられて日本に帰還する姿など、誰も見たくはないはずである。

|

« 世界の権力者達は、今度はシリアを攻撃か | トップページ | プロ野球ベストナインに現役を入れてはダメよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/53069316

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルを守るのも大変ですね:

« 世界の権力者達は、今度はシリアを攻撃か | トップページ | プロ野球ベストナインに現役を入れてはダメよ »