« 麻生元総理、撤回する発言はしてはいけませんね | トップページ | 共産党が政権政党を目指すなら赤旗を降ろせ »

堀内投手、人生の晩年はリリーフで

人様のご不幸で繰り上げ当選となった堀内投手、とても満面の笑みとはなるまい。夫婦でもそうだが、妻や夫を亡くされた方との結婚は、亡くなられた方の事が、つい頭に浮かぶものであり、映画やドラマの様に、家族、親戚、関係者が、すべてハッピーとは、中々いかないものである。死去による繰り上げ当選では、万歳とはならない。私も地方選挙ながら二度落選しているので、3年前の堀内投手の落選時の気持ちは痛いほどわかります。金を使い、身体を使い、気を使い、それで落選では、本当に嫌になるものです。戦いは、何でもそうですが、特に選挙は、負けると蜘蛛の子を散らすように人が去り、代わりに借金取りは押しかけ、負けた原因は候補者にあるとする悪口が巷で渦を巻きます。これは仕方のないことかも知れませんが、所詮、世の中とはそんなものなのです。怒る方が、どうかしているのかも知れません。しかし、繰り上げ当選でも、当選は当選ですので、堀内氏には、しっかりと国家、国民のために頑張って頂きたいと思います。なにしろ巨人軍の先発のエースでありV9の立役者なのですから。・・・・・・・。実は堀内氏とは一度、直接お会いしたことがあります。勿論堀内氏は覚えてはおられないと思いますが、それは、平成4年1月の警視庁荏原警察署の武道始式の時です。その日、堀内氏は特別来賓と言うことで、荏原警察署の方で、お願いをしたのです。私は、その日は、式典執行の司会をしていたのですが、私の声がいいと堀内氏が、私を褒めてくれたのです。思わず有名な人に褒められたものですから私も嬉しくなってしまいました。あれから21年ですか。でも昨日の事の様に覚えております。人間万事塞翁が馬です。巨人軍の先発のエースであった堀内投手には、今度は日本国のリリーフのエースとして縦横無尽の活躍をして頂きたいと思っております。

|

« 麻生元総理、撤回する発言はしてはいけませんね | トップページ | 共産党が政権政党を目指すなら赤旗を降ろせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/52714461

この記事へのトラックバック一覧です: 堀内投手、人生の晩年はリリーフで:

« 麻生元総理、撤回する発言はしてはいけませんね | トップページ | 共産党が政権政党を目指すなら赤旗を降ろせ »