« 今度は、オスプレイを買わされるの | トップページ | 藤圭子さんが自殺 »

全柔連、国民に甘えるな

全柔連も所詮、柔道競技者の集まり、相撲協会も力士の集まり、失礼だが、あまり難しいことは得意でない皆様の集まりと言った方がわかりやすいかも知れない。要は、どんぶり勘定のごっっあん体質が身に沁みこんでいる組織なのかも知れない。人の金なのか自分の金なのか、それすらも、よくわからず、長いこと、こんなことばかり無意識のうちにしてきたのではなかろうか。身体が勝負の世界なので、とかく胃袋の方にばかりに血液が流れている。そのために脳に血液が回らず、頭の回転が悪くなり、信じられない判断や行動をされる人が多いのではなかろうか。文武両道は理想ではあるが、頭脳も体力も世界のトップと言う方がいらしたら一度お目にかかりたいものである。金メダル連発、そしてノーベル賞も連発、そんな人などいるわけがない。これは極例かも知れないが、体力勝負の方は、体力勝負に専念させて差し上げるのが、それこそ道なのではないでしょうか。親方や監督やコーチになるのは当然のこととしても、組織の運営管理については、柔道家や力士には、やはり無理だと思います。ましてやトラブルや喧嘩の原因となる、金の管理などは、しっかりと、その部門に精通した方にやらせなければならないはずである。競技者は、あくまでも競技者であって裏方ではないのです。今回は、全柔連も何だか企業の偉い人に、トップになって頂いた様であるが、実質、事務方は誰なのか、よくわからないので、単なるガス抜きでなければいいがと思う。本来ならば、金を返しただけでは済まない問題、嘉納 治五郎先生以来の、柔道の歴史の重みに、今回だけは、国民が全柔連を許してくれたと言うのが真相ではなかろうか。その柔道界が、闇であっていいはずはなく、村田英雄さんの、柔道一代の歌詞にあるとおり、

 「柔道一代、この世の闇に、俺は光を投げるのさ」で、あってもらいたいものである。

|

« 今度は、オスプレイを買わされるの | トップページ | 藤圭子さんが自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/52971860

この記事へのトラックバック一覧です: 全柔連、国民に甘えるな:

« 今度は、オスプレイを買わされるの | トップページ | 藤圭子さんが自殺 »