« 朱建栄教授が行方不明とは | トップページ | 全柔連、国民に甘えるな »

今度は、オスプレイを買わされるの

これだけ日本国民に不人気のオスプレイを日本が買おうと言うのですから、普通の神経とは思えない。普通の神経でないのに買おうとするのは、買おうとしているのではなく、買わされると言うことなのであろう。日本は米国の兵器を散々買わされてきたが、兵器の玄人の評価ではなく、日本国民そのものに不評の兵器を買う話は今回が初めてであろう。それも一機、100億円で20機購入で2000億円の金額である。勿論、税金である。そんな金があるのなら消費税など上げる必要もあるまい。憲法上、戦力不保持、国の交戦権が認められていない日本で、日本に飛来した米軍のオスプレイだけで、日米安保の下、防衛は十分すぎると思うのが自然ではなかろうか。オスプレイ購入の弁明が離島の防衛であるとか、災害対策用とか、よくわからない説明で、政府も苦しいところが、よくわかる。国民の感覚すれば、ヘリコプター位は国産品を使えよと言いたくなる。とかく米国のごり押しに抵抗できない日本、TPPも本当に心配である。守屋事務次官が、当たらないしスピードも遅い、パトリオットを買うのを止めようかと思うと、ある人にポツリと話しただけで、一万円のゴルフ接待と350万円の増築費で逮捕されてしまったのですから、あの時はビックリしてしまいました。その後、NHKがパトリオットでの迎撃の様子を、わざわざ放映してくれたが、これは申し合わせであるので、命中して当たり前であることは言うまでもない。自衛隊員の皆さんだって、誰が好んで未亡人製造機と言われているオスプレイに乗りたいはずもない。米国の押し売りを断れない属国の日本であるならば、もう抵抗するのは諦めて、オスプレイは買ったことにして、そのまま米軍に使ってもらい、お金だけ2000億円払った方が、いいのではないかと思う。

|

« 朱建栄教授が行方不明とは | トップページ | 全柔連、国民に甘えるな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/52961432

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は、オスプレイを買わされるの:

« 朱建栄教授が行方不明とは | トップページ | 全柔連、国民に甘えるな »