« 愛人の子に、まともに相続させる様では日本もオシマイです | トップページ | 三重県、女子中学生の殺人犯、自首しなさい »

いよいよ第三次世界大戦勃発か

オバマ大統領がシリア攻撃を宣言した。シリア政府も、たとえ第三次世界大戦になろうとも徹底抗戦との強い姿勢。プーチン大統領も国連安保理違反の空爆を米国が行えば、地対空ミサイルをシリア送り、シリアを全面支援するとの発言。もう、シリア攻撃中止の仲裁に入れる者は誰もいない。おそらくはシリア攻撃にイランも黙っているはずはなく、イランも武力でシリアを支援するはずである。イラクとリビアへの攻撃とは比較にならないほど、シリアに味方する国が大勢でてくる。米国は90日の空爆と期間を決めているが、怒りや喧嘩と言うものは、そんな安易に冷静さを保てるものではない。肩が触れただけで殺人事件となる場合もあるわけで、ましてやシリア国民の殺戮すら予想される空爆で、その空爆がたとえ短期間で終わったにせよ、今度はシリア側が、米国憎しから米国に対して、テロも含めて色々な攻撃を仕掛けてくるはずである。それに対して、米国は又、シリアを嫌でも攻撃をしなければなくなる。こんな理屈になるから、戦争なるものは常に泥沼化するものなのである。そして、流れ弾はどこへ飛ぶかはわからない。イスラエルに入れば、イスラエルも全面戦争を決意するであろうし、他の中東諸国も、こと、ここに至れば、イスラエル攻撃を開始する。米国の助っ人である英仏が、戦闘行動を起こせば、ロシアと同じく、安保理の常任理事国である中国も、国連安保理をコケにされたとの怒りから、ロシアと同じ行動に出ると思われる。これは、暴力団の世界と同じで、最初は末端組員同士の些細なトラブルからの喧嘩が、いつしか代理戦争となり、そして、最後には、大組織対大組織の全面戦争となってしまうのである。朝鮮戦争も、朝鮮半島内での戦争に止まらなくなり、最後は、マッカーサー元帥が満州に原爆を落とせと叫び、トルーマン大統領に解任されてしまったのである。ですから、国家の指導者達の、怒りが頂点に達し、判断力、冷静さを失った先に見えるものは、やはり核兵器の使用である。核兵器も、理屈は一緒で、核兵器を誰かが撃てば、必ず撃ち返されるものなのである。日本は、3発の核兵器で終わりと言われているが、人類滅亡には、その十倍の30発もあれば十分ではなかろうか。米国は何かに付けて、腕力で押さえ込もうとしますが、今は、そんな時代ではありません。人類が滅亡する、そんな愚かなことになる、おそれのあることをしてはなりません。広島、長崎での平和宣言とは一体、何なのでしょうか。たとえ戦争による、合法的な人殺しであっても、人殺しは、人殺しの何ものでもありません。空爆など止めて頂きたいと思います。戦争で人々が幸せになれる、そんな詭弁は、もうたくさんです。人類は、皆、人類としての仲間なのですから。

|

« 愛人の子に、まともに相続させる様では日本もオシマイです | トップページ | 三重県、女子中学生の殺人犯、自首しなさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/53157508

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ第三次世界大戦勃発か:

« 愛人の子に、まともに相続させる様では日本もオシマイです | トップページ | 三重県、女子中学生の殺人犯、自首しなさい »