« 集団的自衛権の説明を誤魔化すな | トップページ | 31本が60本を超えるなど、あり得ないことなのです »

東京オリンピックは東京都の予算だけで実施せよ

とにかく最近のオリンピックは金がかかりすぎる。だから金のない国で開催が出来るわけがない。過去二回の北京オリンピックも、ロンドンオリンピックも大赤字で、とても儲かるどころの騒ぎではなかった。儲けを甘く見積もるのは勝手だが、いざ金の話となれば、世界も日本国政府も逃げたくなるのは当然である。第一、何で、この猛暑の季節での東京オリンピックなのか。   昭和39年の東京オリンピックの様に、体育の日もある10月に祭典を計画するのが普通のはずである。猛暑の日本で、日陰の気温が35度ならば、炎天下では40度の気温となる。これでは、暑くて誰も外になど出たくもない。10月ならば、国立競技場も冷房設備など必要ではなく、改修工事だけで、そのまま使用出来るはずである。それが何ですと、世界の商業主義が、その基本にあって、何でも米国の放映権の都合で、8月しか東京オリンピックが計画出来なかったですと。あれまぁ~これで、よく日本が主催国だと言えますね。何だか、2020年のオリンピックは、日本は金の都合がつきそうだからと、IOCの方で、最初から東京に決めていたのかも知れませんね。スペインもトルコも当て馬だったりして。知らぬは一般の日本国民だったりして。シカゴで落ちた米国や、そして、フランスやドイツなどの先進国の多くが、毎回、手を挙げてもよさそうにと思うのに、次回を狙っているのかどうかは、わかりませんが、名前がありませんでしたね。霊能者ではないのですが、私の眼も蓮根で、ついつい先が見えるものですから、物事の仕掛けや、悪い意味での企みも、直ぐにわかるのです。まぁ、とにかく56年ぶりのお祭りを世界から頼まれてしまったのですから、良いも悪いも、やるしかないのです。そこで、原点に戻させて頂くと、責任者たるものは、何事も、常に最悪の場合を想定して、実施しなければならないのである。7年間の外国からの観光客数も、その散財するであろう金額も、甘い試算ではなく、過去の世界のオリンピックの平均で判断しなければならないはずである。オリンピック期間中に外国人が、100万人も来るはずもなく、せいぜい来ても10万人、30万人は無理な数字であろう。チケットを買うのも日本人が大部分で、涼しければ、日本の人口の四分の一、を占める高齢者も外へ出るであろうが、夏の猛暑では、熱中症を避けてのテレビ観戦となる。だから、東京オリンピックでは過剰投資をしては大変に危険である。オリンピックが終わってしまえば、この地震国で、埋立地に建てたマンションに価値が存続する保障はどこにもない。オリンピック後に閑古鳥はつきもので、建設した施設の維持管理などに税金ばかりかかる様では、泣きっ面に蜂となる。だから、国の予算などを使わずに、都知事が4000億円と胸を張ったのですから、その4000億円でオリンピックをやればいいのです。何故なら、東京オリンピックなのですから。特定な人達だけ潤ったって、所詮、無理な、お・も・て・な・し、などをすれば、日本国民は、更に苦しむことになるのである。

|

« 集団的自衛権の説明を誤魔化すな | トップページ | 31本が60本を超えるなど、あり得ないことなのです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/53269980

この記事へのトラックバック一覧です: 東京オリンピックは東京都の予算だけで実施せよ:

« 集団的自衛権の説明を誤魔化すな | トップページ | 31本が60本を超えるなど、あり得ないことなのです »