« それでも米国はシリアを攻撃する | トップページ | 72歳で監督引退とは余程のことがあるのでしょう »

米国の攻撃はシリアよりも北朝鮮が先なのではないのか

わいせつ物製作の罪で、金正恩氏の元恋人が機関銃により公開処刑されたとのこと。わいせつ物の罪で死刑では、このエロ仕事で生きている人間達にとっては、震えがくる話である。世界で公開処刑している国がどれ位あるのかは知らないが、日本で公開処刑などやったらそれこそ大変なことになる。しかし、普通に考えても金正恩氏の元恋人が、わいせつ物を製作したと言うのは、どうも理解に苦しむ。そんなことをしなければ生活ができないとも思えないし、自分が出演したと言うのも信じられないことである。それから先の深読みは迂闊にはできないが、公開処刑が事実であるとすると、何か他に大きな問題があっての処刑ではないだろうか。そして、もっと不思議でならないのは、北朝鮮に内戦が無いとは言え、こんなに頻繁に公開処刑が行われている独裁国家の北朝鮮を何故、世界の警察を自負する米国が放置しているのかと言うことである。しかも北朝鮮は、化学兵器どころか核兵器をも保有している国で、米国が攻撃するには十分な理由があるはずである。日本としても多くの国民を誘拐されているにもかかわらず、これを犯罪とは扱わず、拉致として北朝鮮側に異議申し立てをしている訳で、何とも歯がゆい限りである。国連安保理でもアサド政権側が化学兵器を使用したとは断定できないとしている以上、もし米国が、根拠未熟な、シリア攻撃を行えば、それこそイラクの二の舞で、無理な因縁をつけての攻撃であると世界からの非難を浴びることにもなりかねない。それよりも、北朝鮮を民主化することが先ではないだろうか。米軍が北朝鮮を解放することが、それこそ日米同盟強化を実現することになるはずである。

|

« それでも米国はシリアを攻撃する | トップページ | 72歳で監督引退とは余程のことがあるのでしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/53105624

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の攻撃はシリアよりも北朝鮮が先なのではないのか:

« それでも米国はシリアを攻撃する | トップページ | 72歳で監督引退とは余程のことがあるのでしょう »