« 安倍総理も米国債には手が出せないか | トップページ | 歌舞伎座はお祓い位ではダメかも »

みのもんたさんの次男、釈放ですか

釈放ですか、良かったですね。警察の留置場が好きだと言う人が居るとすれば、それは、どこにも行き場のない人ぐらいのものです。それでも日本の警察署の留置場は、冷暖房完備で三食、入浴付で、医療も無料、極めて安全な場所と言える。警視庁には102か所の警察署があるが、維持費としての留置場の一か月の費用は、およそ百万円、102署ですから、月1億2百万円、年にすると、12億2千4百万円の税金が必要となる。あくまでも都内だけの話である。ですから、これだけでも留置される人は都民のお世話になっていることを忘れてはならない。これだけでも真面目にやって頂かなければ都民としても困るのです。そこで、みのもんたさんの息子さんですが、事実を供述されて、勾留却下となり、処分保留で釈放とのこと。本当に良かったではありませんか。否認などしなければ、あるいは逮捕されなかったかも知れませんが、これはこれで終わったこと。もう、それはいいとしても、これから、任意捜査で、起訴があるかどうかでしょうが、こればかりは検察官が、お決めになることですから、私にはわかりません。釈放された人の立場に立てば、やはり不起訴です。起訴猶予と言うのもありますが、これは起訴を猶予すると言う意味で、まるっきりの白でもないので、ちょっとガッカリとなります。出来る事なら被害届を取り下げて頂いて示談にならないものかと思うところか。確かに30歳を過ぎた息子さんの行為に、みのもんたさんが責任を問われる、いわれはないのですが、問題は、週刊誌の噂なのか、真実なのかは、わかりませんが、何ですか、談合話のことで、右翼の街宣車が来て、それを別の勢力が防いでくれて、その謝礼の金が動いたの、動かなかったのと、そりあたりのことを、間違いならば間違いと、しっかりと説明するなり、週刊誌側と話し合って、テレビの視聴者にそれを示さないといけないのではないでしょうか。そんな様なことで、以前テレビに出演されなくなった芸能界の方もおられるのですから。ある面では、公的になられると、とかく辛いものがあるのも事実ですが、それは人気稼業の宿命だと思って乗り切るしかないと思います。ともかく息子さんの釈放、良かったですね。

|

« 安倍総理も米国債には手が出せないか | トップページ | 歌舞伎座はお祓い位ではダメかも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048667/53480552

この記事へのトラックバック一覧です: みのもんたさんの次男、釈放ですか:

« 安倍総理も米国債には手が出せないか | トップページ | 歌舞伎座はお祓い位ではダメかも »